VSホンダロック

P9180541.jpg

 0-2で久々のリーグ勝ち星ならず。


   出口
 半田坂本伊藤
  寿 秦
鎗田桝田畑 山田
   永富

 開始直後からロックの球際の激しさにやや圧倒された格好で攻め込まれた。ロックはサイドに大きく振るやり方でMIOのDFラインを圧迫、MIOは受けに回ったままで15分に左サイドからミドルシュートを決められた。MIOは半田選手と伊藤選手がポジションを変えるような形で失点後からペースをつかみ始めた。相手DF陣のパスミスにも乗じて高い位置でボールを奪うと相手のライン裏への抜け出しを狙い、山田選手や出口選手がシュートを放つが、攻守や打ち損じで決め切れず、前半を終えた。

 後半は頭からMIOが主導権を握った。相手DFをゴール前に張り付けとはいかないが、好機の数は多く交代で入った菅原選手の強烈なシュートなどで、同点も時間の問題かと思わせた。しかし、相手の攻守やゴール前での細かいミスから決め切れないまま時間が過ぎると、80分ごろにはDFラインからのパスミスを奪われ、追加点を決められてしまい、万事休した。

 サッカーの内容は悪くなかったのかもしれないが、試合運びは悪かったと言えよう。最初のロックの当たりの激しさに戸惑っているうちに決められ、主導権をモノにしても決め切れず、パスミスで最後は自滅してしまった。主審の判定もどうかと思うことは多かったが、自滅の要素も多分にあったと思う。とくに、後半の中盤以降は得点を挙げてやる、という気概があまり感じられなかったのが残念だ。攻撃は、伊藤選手らが積極的にライン裏を狙おうとするなど、意図は感じられたし上手くいっていた場面も多かったがやはりフィニッシュをしっかりしないと厳しい。出口選手や阪本選手も頑張っていたが、もう少し積極性も求めたいところだ。

 寿選手が中盤の真ん中に入る布陣だったが体を張ってよく頑張っていたと思う。鎗田選手、桝田選手も奮戦が印象に残った。気になったのは畑選手と秦選手。秦選手はコンディションが悪かったのか、中盤のルーズボールへの反応の遅れや、競り合いかけてもマイボールにできない場面が目立っていたと感じた。畑選手は判断の迷いが見ているこちら側まで伝わってきた。勝てない試合が続き、観戦側もがっくりだが、選手たちはそれ以上に悔しいだろうから、次こそはスッキリした試合を見せてほしい。今日は子供たちが多かったが、残念な試合展開に近くに座っていた小学生3人連れが「MIO弱っ」と笑っていたので、少し腹が立ったが、考えてみれば子供は正直なものだし、今日のような試合ではいたしかたないかもしれない。なんとか汚名返上を。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード