VS V・ファーレン長崎

 またしても1-1の引き分け。一勝が果てしなく遠い。先制は今季初だが、守りきれなかった、というより2点目がとれなかったのだな。昨年終盤から、ほんとに勝ちゲームを体験していないよなあ。練習試合含めてもJFL以上のチームには勝っていないのではないか。内容がいいのも大事だけれど、勝ち癖つけるのも大事だと思う。そういっていると選手もあせって悪循環に陥るかもしれないな。まあまだシーズンははじまったばかり。負けが込んでいるわけではないから、よしとしておきたい。
 
 貴重な先制点は安部選手が挙げてくれた。昨年はこの時期はメンバーに入っていなかったと思う。今季はFWの柱として起用され続けているので、二桁いってほしい。田中剛選手や、若林選手らと並んで、MIOの魂みたいな選手だと勝手に思っているので。
 今日は木下選手と組んでいたが、FWの組み合わせとしてはどれがベストなのか、まだ手探りなのだろう。今のやり方だと、好機は作れているようなので、パス回しの中から飛び出して決めるフィニッシャータイプがあっているようにも思う。あんまりワンタッチゴーラー系の選手はいないような気はするが、そうなるとやはりどんなボールにも果敢に飛び込んでいく安部選手かな。HONDA戦の木下選手のゴールもそんな感じだったが、それでスタメン起用なのかもしれない。

 などと、うだうだ書いてみても、実際観戦しないとなかなか分からない。いまのところの判断材料はHONDA戦と、練習試合のSAGAWA戦だけだし。昨年は開幕がSAGAWA戦だったこともあって、この時期にはもう3試合を観戦できたのに、今年はまだ1試合。ストレスがたまる。12日のホーム戦が待ち遠しい。ホームで今季初勝利、というのが一番いい形だな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード