VS佐川印刷

 1-3で4連敗


  出口木下
尾上半田秦 伊藤
寿 鎗田桝田山田
   永富

 日も落ちて涼しい中、主導権を握ってゲームを進め、中盤の底からサイドへの長いパスを中心に攻撃を組み立てていった。佐川の攻撃はいつもの迫力を欠き、それほどピンチなく守備ができると徐々に好機を生み出し、出口選手や伊藤選手が枠内シュートを放つなど見せ場をつくった。相手をPA内にくぎ付けにできるようになり、30分ごろには左サイドで起点をつくって秦選手のクロスを出口選手が落とし、半田選手が頭で押し込んで先制し、主導権を持ったまま前半を終えた。

 後半頭から佐川が2選手を交代させると、前半とはガラッと変わってド迫力のカウンターを仕掛け、早々に同点にされてしまった。佐川の迫力に押し込まれ始め、クリアボールを拾われる悪循環が続き、またもや失点、逆転を許した。MIOもパスのテンポを上げ、出口選手や交代で入った西村選手(だったかな)が決定的なシュートを放つが、打ち損じやGKのセーブにあって追いつけず。ロスタイムにはまたもやカウンターで失点し、ゲームを終えた。

 前半は得点こそ1点だったが、試合のペースはつかんでおり「今日はいけるかな」と思ったが。後半頭の佐川の選手交代は明らかに佐川特有の縦に速い攻撃をしかけるためのもの、と見てとれただけに最初の攻撃はなんとかしのいでほしかったが。前節などとちがってチャンスも多かっただけに、決定力も求められる。
 チームコンセプトがちがうから仕様がないが、佐川のシンプルかつ迫力満点の攻めを見ると、今のうまくいかないMIOの攻撃はスローでもどかしい。サイドチェンジはなかなか機能しないし、手間をかけてボールを回しても途中でひっかけられてしまうし。ただ上手くいくと先制点のように綺麗に崩せるんだよなあ。半田選手の良いところが存分にでた、今年のチームが狙いとするようなゴールだったのだろう。平日の夜間のしんどいゲームで、選手はかなり疲労しているだろうから、しっかり休んで次のゲームで頑張ってほしい。
 あと今日は初めて西村選手のプレーを見ることができて良かった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード