VS SAGAWASHIGA

P7090005.jpg
 1-4で3連敗。滋賀ダービー最多失点かな。


   中村
 尾上木下伊藤
  松本秦
寿 桝田宇野山田
   永富

 照りつける強烈な日差しの下でのゲームということもあってか、両チームとも慎重な立ち上がりで、MIOはロングボールをサイドに入れていく展開を多用していく。松本選手が中盤の底をみるような感じで、秦選手がいつもよりはやや高い位置に構えていたように思った。中村選手や木下選手が体を張り、主導権を握りきれないまでも何度か攻撃の形をつくりかけ、10分ごろには尾上選手から伊藤選手へクロス、落としたところを木下選手がシュート、という場面も作った。
 守備面は御給選手に入ってくるボールを桝田選手がはじき返すなど対応。序盤のSAGAWAは中村選手をボランチにおいて、ややカウンター気味にサイドを使って仕掛けてきた。15分ごろに相手のシュートを永富選手が一度は止めかけたものの、ゴールラインを割られて先制。続けて左サイドを破られてクロスを上げられると、フリーの御給選手がヘッドで合わせて追加点を奪われた。
 MIOも20分ごろに、ロングボールの競り合いに出てきた相手GKのハンドか何かでファウルをもらい、FKを伊藤選手が低い弾道で決めて追いすがった。しかしSAGAWAは縦に早い攻撃からサイドに起点をつくり、PA前でもボールを回してくるようになり、その中からミドルシュートを決められ、突き放された。

 後半もSAGAWA主体のペースで、MIOもなんどかよい形を作りかけるが攻撃が単発で終わってしまう。出口選手、半田選手、園田選手を相次いで交代させると少しずつスペースができ始め、SAGAWAゴールに迫っていくが、SAGAWAのPA内は堅く、決定的なシュートには至らない。木下選手や半田選手、園田選手が猛チェイスで相手DFラインでボールを引っかけるプレーもあったが、ロスタイムに追加点を許してしまい、タイムアップを迎えた。

 みんな頑張っていたと思うが、SAGAWAとの地力の差が如実に表れたという印象だ。トラップ、パスの精度もそうだが、どこでしかけるのか、どこで奪いに行く(場合によってはファウルでつぶす)のか、時間帯によってどう攻めるのか、という判断力もSAGAWAが上だった。MIOも個々の頑張りでいい攻撃の形を作りかけるのだが、トラップでミスしたり、パスの息が合わなかったりともったいないプレーが目立ってしまった。
 悪い時のMIOは攻撃の打開策が見えず、そうこうしているうちに失点を重ねる悪循環に陥るが、今がまさにその時期だな。得点のイメージがなかなか見えてこない。流れからの得点は横河戦以降ないんじゃないかな。今日は木下選手が得点のイメージのわくような動きをしてくれたので、今後に期待だ。

 暑さもあってぐったりした試合だったが、後半の木下選手や園田選手の猛チェイスには心を打たれた。特に園田選手は途中出場ということを差し引いても、守備、得点への執念を見せてくれるプレーで、敗戦のなかの慰めだった。左サイドから反対サイドのあいてGKのキックを止めにいって引っかけたプレーはMIOらしくて素晴らしかった。今後もピッチで長く見たい選手だ。寿選手と木下選手の100試合達成祝いの勝利はなんとしても次回に。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード