春爛漫

P4030971.jpg
 陽気に誘われて近所の森をゆっくりと散策。桜も五分から七分咲きとあってたいした人出だった。この時期の散歩は心が浮き立つ。寒気から解き放たれ、桜などは高揚したかのように咲き始め、地中の虫も陽光に飛びいるように這い出してくる。そんな森の中を歩くと、静寂なはずなのになんとなく賑やかな気分になってくる。写真は楠についた苔から伸びる草の芽。命はどこからでも湧いてくる。
 やっぱり家の近くに自然があるといいものだ。人それぞれなのだろうけど、どんなに便利がよくても繁華街には住めないな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード