VS横河武蔵野

 4-1で星を五分に戻した


   出口
アラン阪本伊藤
  半田秦
寿 宇野桝田山田
   永富


 開始から、ケレン味ないボール回しで主導権を握った。細かく回そうとしすぎでノッキングを起こすこともなく、スペースに出していくため出口選手ら前の選手にボールが集まり、出口選手が決定的なシュートを放つシーンもあった。横河の出足がさほど鋭くないせいもあってか、高い位置でサイドに振ることもでき、20分過ぎにはPA内で半田選手が倒されてPKを獲得、阪本選手がきっちり決めた。直後には左サイドに運び、パス交換から守備のタイミングをうまく外したクロスに、秦選手が走りこんで追加点を挙げた。
 このあたりから、飛ばしていたMIOの足が止まりがちだったこともあってか、横河にエンジンがかかりだした。中盤でしっかりつないでライン裏を狙ってくるため、幾度がピンチを迎えたが永富選手らがよく防いで前半を終えた。

 後半も引き続き横河ペース。半田、秦選手らが押し込まれてスペースを使われる、今季の弱点が顔をのぞかせ、防戦一方となり、好機も作れなかった。20分ごろにはボールをつかもうとした永富選手が相手からチャージを受け、押し込まれたボールがゴールの判定。直後にPKをとられ、同点にされるピンチを迎えたが、外れてくれて事なきを得た。MIOベンチも手を打ち、アラン選手に代えて松本選手を中盤に投入し、半田選手を左サイドに出した。また疲れのみえる出口選手に代えて、木下選手を出した。
 木下選手らのチェイスで運動量を取り戻し、奪ったボールをカウンターで右サイドに展開し、伊藤選手のクロスを木下選手がトラップしてから蹴りこみ、突き放した。その後も横河の猛攻を受けるがポストやバーにも助けられると、ロスタイムにはカウンターから木下選手が抜け出し、4点目をあげてゲームを終えた。

 横河相手に望外の点差で勝利できた。かなり大きな勝ちだ。もちろん点差ほど力の差はないが、今日は先手を取ってからのゲーム運びが勝因といえよう。前半の終盤から、後半の中盤まで相手に主導権を握られたが選手交代で上手く流れを引き戻したベンチワークをたたえたい。ずっと気になっていた中盤の守備の弱さの解決策がひとつ、提示されたように思う。松本選手は伊藤選手と似たタイプと思っていたが、結構体を張ったプレーもこなし、4点目の起点になっていた。
 木下選手は、やっぱり華がある。チェイスも相手がいやがる角度やスピードでやっているのが分かるし、ゴールへ向かう動きも得点の香りがするものばかりだ。彼が躍動感のあるゴールを決めるとスタンドの盛り上がりが違うのがよく分かる。復調のきっかけになるとよいな。また終盤だけだったが、園田選手も見られてよかった。スピード、動きの質とも相手の脅威になっていたな。大きな戦力だ。

 最後に、失点の場面はよく理解できなかった。キーパーチャージがないのは分かっているが、ボールにいってない(実際に触っていたのは永富選手だった。だからオウンということだろう)のだから、普通にファウルではないのかな?お詳しい方いらっしゃったらご教示お願いいたします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード