VS ジェフR

 1-0で3連勝



   中村
 松本出口伊藤
  半田秦
寿 宇野畑 桝田
   永富

 試合開始直前までの大雨で、サッカーになるのかと危惧していたが湖南の芝は悪いなりに改善されていたのか、まあ何とかボールは回っていた。開始直後からジェフRの守備にファールが多く、相手陣内でゲームを進められた。サイドで主導権を握ることができ、5分ごろにスローインから出口選手がつなぎ、半田選手が決めた。その後も半田選手らを中心にパスが回り、好機を作りかけるが仕上げの段階でのミスがめだった。
 ジェフRの攻撃は割にロングボールが多く、単調な感じがあったが次第にサイドを使われだし、幾度がピンチを迎えた。

 後半になるとMIOのつなぎのミスが目立ち始め、選手の足もとまりだしたのかジェフRにサイドを使われる場面が増えた。アラン選手を左サイドに投入、良い突破を数回見せ、主導権を取り戻そうとするがほかの選手とかみ合わないとさらにジェフの攻撃を許し、永富選手の好セーブが最後のとりでとなった。終盤に鎗田選手をボランチの位置に入れ、なんとか試合を終えた。


 SAGAWA戦のように内容が良くても負け、今日のように内容が悪くても勝てるのがサッカーか。DF陣と永富選手の功績は大きい。守備に関しては前々から気にはなっていたが、中盤の守備が半田選手と秦選手だと、どうしてもフィジカルに欠けてしまう。これまでは浦島選手など、競り合いに強い選手が一人いたのだが、今年は適任者が見当たらない状況なのだろうか。秦選手、半田選手ともよく走って競り合っている場面もあるが、なかなか苦労しているようだ。
 攻撃では、半田選手のゴール前への絡みが良くなってきたかなという半面、連携ミスもまだまだ多い。とくにアラン選手が入ってからは、アラン選手の突破からのプランが見られなかったのが残念だ。半田選手と秦選手が攻撃を仕切るイメージだが、2人とも出しどころを迷って相手に奪われるシーンも多かった。また、この日は阪本選手がいないこともあってか、FW陣が相手の裏に抜けるような動きも少なかったように思う。さらに尾上選手がけがなのか、ドリブルで仕掛けられる選手がおらずバランスもよくなかったのかもしれない。

 ただ新加入でスタメンででた中村選手、松本選手とも持ち味をだしていたように思う。中村選手のキープからのターンでファウルを誘うシーンは多かったし、松本選手の高い技術と落ち着き、キックの精度、状況判断の確かさには驚かされた。伊藤選手にちょっと似たタイプなのかな。真ん中でのプレーも観てみたい。

 まあ課題は多く、下位相手の勝ち星が主とはいえ、五分に戻せたのはよいことだ。リーグ全体は混戦なのでチャンスととらえて積極的にプレーしてほしい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード