VSカマタマーレ讃岐

 2-1で今季初勝利。


  出口阪本
細貝半田秦 伊藤
壽 畑 桝田山田
   永富


 讃岐の出足が割合単調だったせいもあってか、序盤からそれなりにボールを回して主導権を取れる展開になった。細かいミスは多いものの、伊藤選手と秦選手のイマジネーションあふれるパス交換の連続で相手DFラインを足止めしてからのスルーパスで好機を迎えるなど、何度が決定機を作った。連敗の焦りからか、オフサイドにひっかかるなどして、得点にこそならなかったがゲームを支配できるようになった。
 守備面では、讃岐の西野選手の屈強なポストに坂井選手らが走りこんでくるシーンにひやりとする場面もあったが、畑選手らのうまいカバーでしのぐと、ほかの攻め手が少なかったこともあり、あまり脅威にはならなかった。

 後半は讃岐が坂井選手に変えて上背のある選手を投入してきたが、ペースは変わらず15分過ぎに山田選手(だったかな)のロングボールに抜け出してGKと一対一になった阪本選手が落ち着いて決めて先制した。ただ、前に出てくる讃岐へのカウンターに何度か失敗すると、しだいに讃岐のロングボールがMIOのDFラインを圧迫し始める。25分ごろにはついにセットプレーから追いつかれてしまった。嫌な展開になりかけたが、直前に投入されたアラン選手がカウンターから左サイドをつき、中に入れたボールのこぼれを走りこんできた半田選手がネットに突き刺して勝ち越した。その後も放り込んでくる讃岐に対し、宇野選手をボランチの位置に投入して対処、なんとか勝ち切った。

 この1勝で流れをつかんでくれるといい。何度もMIOらしい攻撃ができていたし、新加入選手と周囲の連携もずいぶん向上した。ただ欲をいえばもったいないミスがまだまだ多い。中盤で引っかけられてカウンターを食らうとやっぱりひやりとする。シュートで終わる意識を高めて、パスを回しながらもシュートを狙っていくと良い時のMIOのサッカーになってくるのだろう。守備面では前回に続いて畑選手が本当によかったな。背後へのカバーは的確だったのではないか。

 坂井選手は相変わらず切れている動きだったな。前半で変えられていたが、残っていた方が怖かったように思った。MIO戦以外でどんどん得点してほしい。

 今日は子供のお客さんも多かったし、勝てて良かった。近江鉄道を使ってみたが、フリー切符がMIOの写真入りでびっくり。こういうことの積み重ねで知名度を上げていけるとよいな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード