VS 町田ゼルビア

 1-6で初の?開幕からの連敗。



  木下阪本
尾上秦細貝 伊藤
寿 桝田宇野山田
   永富


 開始早々、自陣PA前でのパスミスから失点。町田のパスワークに振り回され、防戦一方の展開になった。MIOはパスの意思疎通を欠いて攻め手が少なく、アバウトなロングボールばかりでなかなかチャンスを作れない。時間の経過とともに少しずつパスがつながり始め、山田選手のクロスから尾上選手のシュートなどペースを取り戻しつつあるかに見えた。と思ったところで、町田の勝又選手(だったかな)をPA手前で倒した宇野選手が2枚目のイエローで退場、細貝選手をCBに据える布陣で、またまた防戦を余儀なくされた。

 後半も防戦一方となり、PK献上で2-0。その後も追加点を与えてしまった。MIOも果敢に前に出た山田選手のゴールで一点を返したが、町田の猛攻の前に力尽きた。


 宇野選手への2枚目と細貝選手のPK献上はちょっと厳しかった印象だ。とはいえ、力のある町田相手に序盤にミスで先制を許した時点で、MIOとしては後手を踏んでしまった展開だったと言える。町田は終始余裕を持って試合を進めていた印象だ。守備のミスとともに、攻撃の良さがでなかったのがちょっとショックだった。連携がまだまだなのか、昨秋の町田戦と大違いだったな。個々の仕掛けや頑張りは目立ったが、なかなかチームとしては機能していなかった印象だ。

 まあ大敗は大敗だが、10人ということもあったし、選手の頑張りをみても昨年の佐川印刷戦よりはましだったと思う。ゴールポストに当たってのゴールは相手を褒めるしかない。永富選手はじめ、本職のCBがいないバックラインは必死に体を張っていたし、伊藤選手や尾上選手も良く走っていた。桝田選手は足をつりながらプレーしていたようだし。試合後もピッチ上に残って悔しそうな顔をしていたのが印象的だった。

 それにしても町田の勝又選手は敵ながら本当にプレーに見とれてしまう選手だな。ボールを受ける体の向き、トラップの方向と強さ一つ一つが前を向いてゴールに向かうための正確な動作なので、DFにとっては怖いことこの上ない。JFLのFWで「これはちょっと手がつけられない」と感じるのは御給選手に続いて2人目だな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード