非常事態とスポーツ

 未曾有の震災の中、サッカーはじめ、各スポーツ団体がゲームを行うかどうかで協議している。プロ野球もまだ未定のようだ。「スポーツをしている場合ではない」という意見もあり、「こういうときだからこそスポーツで被災者のかたをを元気に」という声もあり、「収益を寄付するために」という主張もあり。どの意見もそれなりに説得力を持っているだけに、何が間違っている、正しいとはいえない。結論はそれぞれの団体が出していくしかなく、その決定は尊重したい。
 サッカーの代表戦、Jリーグ、JFLに関してもそれぞれが出す結論を受け入れるしかないが、どんな決定であれ「被災されたかたとともに、そのために」という方針であってほしい。義援金はすでに送ったが、試合会場で募るのなら、サッカーを、MIOを見るためだけでなく、被災地の、ソニー仙台にかかわるみなさんのためにも足を運びたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> 開催うんぬんはいいとして、
> 今の首都圏は停電と電車がすぐ混乱します。
>
> 間引き運転でスタジアムのお客さんを運べるのか?
> とか、ホームで事故したり帰宅困難になったり。
>
> 電力が持つのかその影響で停電エリアが拡大しないか。。
> やってる場合どうのより安全が保証できないと思うのです。
 首都圏はご指摘の通りですね。つい地元の関西想定で書いてしまいました。
プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード