谷口、浦島選手長野へ、坂井選手讃岐へ

 ネットなどで噂されていたので、心づもりはしていたが安里、中濱選手引退並の衝撃だ。特に浦島選手、谷口選手という守備陣の要の移籍はMIOにとってはかなりの痛手で、ライバルとなる相手にとっては戦力アップとなるしなあ。
 
浦島選手は関西1部の時から加入して、地域決勝でも昇格につながるゴールを決めてくれた。昇格後も年々成長していく姿を見せてくれたし、なにせ県内の高校から直接MIOへ、という生え抜き中の生え抜きなので、面識もないが勝手に思い入れを持っていた。素人の目線でしかないが、Jでも充分に働けるだけの素質はあると思うので、新天地でもっともっと伸びてほしい。

谷口選手は守備の柱として、力感に満ち、かつ落ち着いた大人のプレーが印象深い。特に好調の時期は、ドリブルを仕掛けてくるアタッカーとの一対一をみるのが楽しみなほど自信あふれた守備だった。抜かせず、パスを出させずで間合いを詰めてつぶす動きは洗練されていた。滋賀FC所属だったが、JFLでも充分に通用していたし、長野でも攻守をみせてくれるだろう。男前度も一番だったと思う。
 
坂井選手は小柄ながら、運動能力の塊だった。天皇杯神戸戦でも宮本選手を交わしてあわやのシーンをつくっていたし。またツエーゲン戦だったか、体を張って相手に競りかける姿勢は胸を打つものがあった。MIOではサイドでの起用が多かったが、それでも6得点。讃岐戦では要注意だな。

移籍は本当に残念だが、まあサッカーにはつきものだし、力を認められてのことだろうから、3人には新しいチームでもレギュラーを張って活躍してほしい。そしてJも目指してほしいな。MIO戦で活躍されるとかなり痛いが、活躍する姿を見た気持ちもあるし複雑だ。まあMIO出身の選手と対戦できるというのもサッカーの愉しみかたの一つだろう。3選手には感謝したい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード