バーレーン戦

P3280954.jpg
 相変わらず仏頂面の岡田監督

 バーレーンに1-0でW杯本選進出はほぼ固まってきた、といってもよいかも。国際試合だからしょうがない面もあるけれど、流れから点が取れないなあ。決定力といってしまえばそれまでだが。今日の試合は中村俊輔が決して本調子でなかった分、遠藤長谷部がよかったと思う。特に長谷部の飛び出しやカウンターは効いていた。流れの中で点を奪うには彼の働きが欠かせない。浦和時代のカウンタードリブルが久しぶりに見られてよかった。
 
 当たり前なんだけど、代表選手は皆うまい。普段、JFLをみているからかもしれないけれど、結構難しいプレーを簡単そうにこなす。でも本当は難しいプレーなので、JFLやJではできない選手が多い。普段見ているMIOの選手でも「うまいなあ」とため息をつくことが多いのに、代表選手の頂はどれほどに高いのか。いつかMIOからも(年代別でも、候補でもいいから)代表選手出てくれないかな。などと遠い未来のことよりも、明日のホンダロック戦だな。いい内容のサッカーをしているだけに、勝ち点3が切実にほしい。甘い相手でないのはわかりきっているが、なんとか壁を打ち破ってほしい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード