退団選手①

 新シーズンまであと20日ほど。今のうちに退団した選手の記憶をぼつぼつまとめておこう。とは言ってもホームゲームしか観戦していないので、ぜんぜんプレーを知らない選手や印象薄い選手もいるが、そのへんは適当に。

 田尾知己選手  
 昨シーズン前半は石沢選手とともにセンターバック組んでいた。高さを生かしてセットプレーからの得点もあったはず。退場のせいなのか、体調が悪いのかわからないけど、中盤以降は出番がなかった。彼がいなくなると、一気に高さがなくなって、見ていてなんだか不安だった。足元に難があったのかなあ。ほかの方のブログなどを見ていると、明るい性格だったみたいなので退団は残念。新天地でも頑張ってほしい。

 山本正男選手  
 スタメンや交代でちょくちょく出ていた覚えがある。JFL得点王だったとの肩書きで「どんなすごい選手なのか」と思っていたら、小柄でやさしげな顔の人でびっくりしたな。シーズン最初のほうはどこがいいのかよくわからなかったけど、よくよくみるとフリーになってボールをもらう動きなどがいいように思った。昨シーズン最後のゲームの得点は山本選手だったはず。西京極で見てたが、周りを使ってゴール前に飛び込むよい動きだったな。引退されるそうだが、指導者などになるのかなあ。お疲れ様でした。

 大江勇詞選手
 右サイドの攻撃的な位置でほぼスタメンだった。切れのあるドリブル突破が武器のイケメン選手だった。雨中の佐川滋賀戦のゴール(3点目だったか)と、ホンダ戦の右サイドからのクロス(アランのゴールアシスト)の鮮烈さが印象に残っている。ゼルビア町田に移籍したとのことで、敵としてみるとどんな選手なんだろうな、とある意味楽しみ。守備は頑張っていたけどやや苦手そうなので、対戦するときはそこを突きたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード