2010シーズン回顧③

FW編
木下選手 開幕戦でゴールをあげたものの、マークの厳しさなどから出番が減り、昨年から一転したシーズンとなった。ほかのFWが好調だったからか、右サイドでの起用など不本意な面もあっただろうが、中盤まではなかなか競り合いで勝てていない印象だった。それでもクロスにうまくあわせれば2ケタはいけたと思うが。まあ、悪いシーズンでも6点とっているということをいい方向に考えて来季の再爆発を期待したい。最終戦でのゴールはよかったんだし。

坂井選手 開幕戦の2ゴールをはじめ、ホームのツエーゲン戦など印象に残るゴールをあげてくれた。天皇杯の神戸戦で宮本選手を交わしてのゴールが決まればいうことなしだったが。全体に出番が多かったとはいえなかったが、体のキレ、運動神経はチーム1といっていいのではないか。今のMIOのやり方だと、サイドかトップ下のような位置からゴールに絡んでいくのか、カウンターで抜け出して、という点の取り方になるのかな。

坂本選手 本格的に出番が回ってきたのは今シーズンになってからだったので、特徴がよく分かっていなかった。サイドでボールを受ける動きや、中盤でボールを持って前を向く動きはよどみなく華麗で、クロスへ飛び出してあわせる反応も素晴らしい。木下選手や出口選手のようなポスト系と組み合わせると良さがでるのかな。ほかのFWとの兼ね合いもあるが、来年はかなり出番が増えるのではないか。

出口選手 ジェフRから新加入。体格からポストが強い選手かと思いきや、序盤はあまり競り勝てなかった印象があった。終盤は前線からの守備と裏に抜けるような動きで、相手DFを攪乱していたように思う。特に坂本選手とコンビを組んだホーム鳥取戦がよかったな。タイプ的に木下選手との競争になるのかな。

アラン選手 昨年同様にサブでの出場が多かった。得点が多かった訳ではないが、一昨年の強引さを取り戻し始めたようにも見える。天皇杯神戸戦でも、Jリーガー相手にゴールを脅かしていたし、ボールの引き出しかたもずいぶん改善されてきたように思った。

番外 和田監督 中盤まではいろんな選手のポジションを動かすなど試行錯誤が多く、チームの立て直しに苦労していた印象だ。DFラインの設定などにも迷いが見られたように思う。それでも、終盤には結果を出した。サイドの突破は昨シーズンよりも一本余分なパスが減ってスムーズになった印象があるし、最終盤などは昨年の好調時よりもさらに破壊力を増したチームになっていたと思う。来年も継続をお願いしたいものだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード