2010シーズン回顧②

 畑選手 シーズン中盤までは出番が多かったが、終盤はベンチ外のことも多かった。出場していた試合は出来不出来の波が激しかった印象で本人も不完全燃焼なのではないかな。ライン裏に抜ける相手には対応できていたように思ったが、仕掛けてこられるとやや不安定だったように思う。上背とスピードがあってSBもできる貴重な存在なだけに、来年に期待したい。

大久保選手 新加入でいきなり開幕スタメン。その後は守備的MFでの出場機会がおおかた。全てのプレーをそつなくこなしていたし、ベンチにはほとんど入っていた印象なので、チームには欠かせない存在なのだろう。ただ、こちらの見る目が節穴のせいだろうが、もう一つプレーの特徴が見えにくい気がした。来年も出場機会は多いだろうから、じっくり見てみたい。

橋内選手  レンタル加入?でSB補強かと思いきや、CBで何試合か出ていたな。小柄ながら筋肉質でゴムまりのような体だったので、身体能力はかなりのものだったようだ。それでもさすがにCBは厳しい面も多かっただろうし、SBでのプレーも見てみたかった。来シーズンはいてくれるのかな?

山田選手 新加入SBとして、序盤はそう出番が多くなかったが、中盤以降はほぼ右サイドでレギュラーを確保、たまには左も努めた。たしか大敗したアウエー印刷戦が初出場ではなかったかな?特別にスピードや派手なドリブルがあるタイプではないが、ボールの置き方やクロスの上げ方に高い技術を感じた。守備もきっちりこなした上でゴール前まで進入するシーンも結構あり、相手ゴールを脅かしていた。それだけに、ちょっと遠慮がちにも見えたプレーには物足りなさも感じていたが、終盤に入って吹っ切れたのか、自分のよさを存分に出していた。今から来年のプレーが楽しみだ。

寿選手  サイドハーフなんだろうけれど、細貝選手のけがなどでほぼ左SBを努めていたのでDF枠で。ある意味、今シーズンを通じて一番体を張った選手ではないかな。小柄だけれどボールと相手に激しく寄せていたし、守備面は2年前よりずっと向上したように見えた。攻撃面では尾上選手とコンビを組んでの攻め上がりは、調子のあがらないチームのなかで、ずっと驚異であり続けた。尾上選手がボールを持ったとたんに、DFラインから猛スピードで駆け上がってくる姿はかなり格好良かった。細貝選手が復帰しても、このままこの位置でレギュラーを張ることは十分ありそうだ。

MF編

 浦島選手 昨シーズンに続き、中盤の底を努めることが多かった。大久保選手にポジションを明け渡す時もあったようだが、結局は定位置に収まっていた。印象としては昨年のプレーがより洗練されたと思う。カードも減ったし、ボール奪取の能力も一層向上した、というか思わず「うまいな」とつぶやいてしまうターンオーバーが多かった。得点こそなかった(かな)が、ミドルシュートの精度もいいし、中盤からの飛び出しも迫力があって、攻撃に彩りを加えていたように思う。特に終盤は素晴らしい動きで、地元出身というひいき目はあるかもしれないけれど、上のレベルでも結構やっていけるんじゃないか、と思わされた。MIOの顔になってほしいという思いと、上のレベルでやってみてほしいという思いと、半々だな。
 安里選手 序盤はトップ下系の位置ながら、田中大選手がいなくなってボールの収まりどころをなくしたこともあり、キープ力を見込まれてかボランチ気味の位置で活躍した。本人は不本意な面もあるだろうし、飛び出してボールを受ける動きを発揮できる前線の方が持ち味がより生きるとは思うが、小柄ながらフィジカルが強靱なので、終盤にはうまくはまっていた。ヴィッセル相手にもやれていたし、今季のチームMVPだと思う。昨年から持ち味を成長させ、さらに幅を広げた感がある。替えのきかない選手になったといえるが抜けられたら困るので、手当も考えないといけないな。

中濱選手  序盤こそ出番があったが、コンディション不良なのか徐々に出番が少なくなってしまった。今年のチームにはうまくフィットしなかった感じだろうか。最終戦のバー直撃シュートで調子を取り戻してくれるか。

伊藤選手 なかなか出番に恵まれず、緊急的に入った右SBではフィットしなかったが、終盤は完全に右サイドハーフをものにした。一人で突破するタイプでないだけに、昨シーズンはやや物足りなさもあったが、今年はサイドチェンジを多用したり、うまく中に入ってくることで、持ち味の高い技術と正確なキックを生かせるようになったと思う。トップ下に入ったときには高精度のスルーパスも出ていたし、手応えをつかんだのではないか。ゴール後のパフォーマンスも面白かった。個人的には、入団時期とプレーエリアから伊藤選手、中濱選手、安里選手はなんとなくワンセットに見えるので、来季もトリオの活躍を期待したい。

尾上選手 新加入ながら、序盤は左SB、FWに中盤以降はサイドハーフに定着、ドリブル突破と好クロスで寿選手とともに左サイドを活性化させ、チームを支え続けた。今シーズンは尾上選手がいなかったらどうなっていたか、という位働いてくれた。特に、クロスの鋭さはこれまでのチームになかった武器だ。深くスピードある切り返しや抜ききれなくても好クロスを上げる能力もさることながら、ハイボールや競り合いにも強いし、大差の付いた試合でもあきらめない姿勢は好感が持てる。というか、ハードボイルドな見た目とあわせて格好良すぎる。終盤は尾上選手にボールが入るだけでスタンドがわく、といってもいい位だったな。なんでこれほどの選手が地域リーグや水島にとどまっていたのか不思議だ。安里選手、寿選手とともにMVP級の活躍だった。

前川選手 滋賀FCから新加入。出番はあまりなかったがベンチ入りは多かったので、貴重なバックアッパーとして認められていたのだろう。天皇杯県予選では古巣からもゴールをあげるなど活躍してくれた。

オリバー選手 天皇杯県予選しか見ていないけれど、リーチの長さが異次元なので結構面白い存在になりそうだが。

西村選手 けがのようで出番なし。来年を楽しみにしたい。

田中選手 序盤は相変わらずのパス出しをしていたが、大敗の試合後、見かけなくなった。来季はチームにいるのか心配だし、特異なタイプなだけに、安里選手だけにたよらない、という前提で中盤にボールの収めどころ(伊藤選手なり、中濱選手なり)をつくっていかないといけないな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード