VSガイナーレ鳥取

 5-0の大勝。


   出口
尾上 阪本 伊藤
  安里浦島
寿 谷口石沢山田
   安藤

 両チームとも中盤をコンパクトにしたしまった立ち上がりだったが、MIOは出口、阪本選手が前線でボールをからめとってからサイドに展開しての速攻を繰り出し、尾上選手らが決定機をつくるが相手キーパーの好セーブもあり決まらない。鳥取はサイドに長いボールを入れて、個人技で崩しに来るがやや一本調子な印象で、石沢選手らの奮闘もあり、危険なシーンはあまりなかった。MIOやや押し気味、の印象で時間がたった35分過ぎ、右サイドの高い位置でもつれたボールを収めた山田選手が、相手DFともつれながらPA内に侵入、シュートかクロスかわからなかったが、反対サイドからはいってきた尾上選手が押し込んで先制した。さらに終了前には、左サイドから尾上選手が切れ込んであげた鋭いクロスに阪本選手が合わせて、なんと2-0で前半を終えた。

 後半は鳥取がやや前に出始め、ライン裏を積極的に狙いだしてきた。それでもオフサイドをしっかりかけ、中盤の浦島選手らも体を張って守ると、徐々にカウンターを取れる頻度が増し、両サイドがフリーになり始めた。そのなかでも、伊藤選手がフリーになる局面が多くなると、ミドルシュート、PA内での粘ってのシュートの2本を決め、試合を決定づけた。鳥取も優勝と昇格を決めたこともあってか反発力も弱く、終了間際にCKから石沢選手が合わせて、開幕以来の5-0という大勝に終わった。

 鳥取のモチベーションという点を差し引いても、素晴らしいゲームだった。同じ5-0だった開幕と比べても決定機は多かったし。やはり乗った時のMIOの破壊力はリーグでも指折りのものがあるな。昨年の6連勝時のような感じで、やることなすことうまくいっていたようだ。試合後のヒーローインタビューが山田選手だったが、自分もこの試合は今後への期待を込める意味もあって、山田選手をMVPにしたい。
 これまで、技術の高さは垣間見せながらも、どこか遠慮したようなプレーばかりが印象に残っていただけに、今日の突破前の場面でも「行ってくれるかな」と半信半疑だった。やはり、もつれながらでもPA内に強引に入るほうが相手も怖いし、今日のように1点もののシーンにつながる。右サイドの突破力が上がれば、チームのよさがさらに引き立つので、山田選手には今後もああいうプレーを期待したい。ゴールを決めた尾上選手も山田選手の動きをたたえていたようだったし、チームとしても一つ新しい形を手にしたという意味で大きいゴールだった。
 出口選手と阪本選手も前線でうまく起点を作ってくれたのも大きかったな。

 布引スタジアムは、きれいだし見やすいし芝もいいし、駐車場も近いし、スタジアム外の眺望もいいし、かなりいうことなしな印象だ。今日は地元のサッカー少年たちのおかげでスタンドは一杯。選手もやりがいがあったと思う。そんな中の大勝で、本当によかった。開始前は「MIOのレベルってどうなん?」というようなことを、後ろの席にいた子供さんが話してたが、試合が始まると一気に引き込まれ、前半終了時には「このまま勝ってや」とすっかり試合に魅了されていた。後半のチャンス、ゴールラッシュの度に興奮をあらわにし、試合後は本当に喜んでいた。きっと選手にサインをもらいに行っていたのだろうし、忘れられない思い出になったはずだ。
 あれだけ大勢の観客の前で、今季一番ともいえるゲームを展開できて本当に良かった。サイン会に並ぶ子供たちの長蛇の列は、まるでJの試合のようでもあったし。試合後のスタジアム周辺で、さっそくボールを蹴る子供たち(試合のシーンをイメージして蹴っていたのかもしれない)を見て、「ああ地域密着ってこういうことかなあ」と嬉しくなった。いろいろな意味で、意義深い一戦だった。

 鳥取は来年はJ2か。JFLの難しさを知りぬいているともいえる鳥取が優勝しての昇格なので、J2でもいい戦いを期待したい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード