VS長崎戦

 2-3で長崎には初黒星(だったかな)


   木下
 尾上阪本坂井
  安里浦島
寿 谷口石沢山田
   安藤


 序盤は長崎に押し込まれる展開で、15分ごろまではなかなか中盤でボールをキープできず、チャンスらしいチャンスもなかった。それでも中盤があいてくるにつれて左サイドから崩せるようになり、尾上選手らが駆け上がってクロス、というシーンが続いた。主導権をつかみ、相手に大きなチャンスを与えないままに尾上選手らからのクロスに、坂井選手が2度決定機を迎えたが、惜しくも外してしまい前半を終えた。

 後半もペースをつかんだ入りになったが、10分ごろに中盤で得たセットプレーをカウンターで切り返されてあっさり失点してしまった。勢いを得た長崎のサイド攻撃にてこずりながらも左サイドを中心に攻撃を仕掛け、35分ごろに、右サイドから上がったクロスに、大外から飛び込んできた寿選手が頭で合わせて同点に追いついた。意気上がったMIOだったが、直後に長崎の長身FWに頭で合わせられて失点、さらにすぐ後にも追加点を取られてしまった。アラン選手や出口選手を投入して猛攻をしかけ、終了直後に出口選手が右サイドからのクロスをたたきこんで一点差に追い上げたが、タイムアップとなった。

 長崎は決定機をほぼ決めた、MIOは決め切れなかった試合だった。2、3失点目は前がかりになったところをやられた格好だっただけに、当たり前だが、前半で1点でも取っていれば違った展開だっただろう。2失点目はやや集中がなかったようにも思えたし、ゲーム運びの拙さがまたもや浮き彫りになったといえる。なんというか、全体のリズムをつくれる選手がいないように感じるので、今季中は改善は難しいのかもしれない。あと、後半のカウンター気味に攻める場面でなかなかパスが通らなかったのが気になった。

 残念な試合だったが、尾上選手の個人技は完全に相手の脅威だし、寿選手と絡んでの左サイドの攻撃は迫力があっていい。反対サイドの山田選手はちょっと遠慮気味に見える。もっと中に切れ込んだり、縦にいったりできる技術はありそうなだけにもったいないな。後半はよかったので、どんどん仕掛けてほしい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード