VS佐川印刷

 2-0で印刷にはリーグ初勝利。


  木下安里
尾上大久保浦島伊藤
寿 谷口石沢山田
   安藤

 雨はほとんどなかったが強風が吹き付ける湖南らしいコンディションだった。開始直後は印刷がボールをキープするも、MIOは前線からのチェックがよく、球際も厳しくいけていたこともあって次第に攻撃を仕掛けられるようになった。10分には左サイドから尾上選手(だったとおもう)のクロスに木下選手が合わせるもわずかに外れた。MIOのパス回しがよくなりはじめ、特に左サイドが活性化して相手を押し込んで浦島選手や伊藤選手が強烈なミドルシュートを放つ場面もあった。前線に入ったボールをうける選手と、その周囲の選手の距離感もよくPA内にたびたび侵入し、印刷のDF陣をあわてさせていた。
 印刷は引き気味の布陣を取り、カウンターを仕掛ける構えだったが、木下、安里選手の前線からの速いプレスと石沢、谷口選手の奮闘で前半はほぼノーチャンスだった。
 
 後半も前半以上にリズムよい攻撃が展開でき、木下選手と尾上選手が決定的なシュートを放ったが決め切れない。一度印刷にきわどい場面を作られたがなんとかしのぐと、後半35分、左サイドから切れ込んだ尾上選手が出したパスに、中で浦島選手(だったと思う)がつぶれ、その外に駆け込んできた安里選手が合わせてついに先制した。こうなると印刷が目を覚ましたのかなりふり構わずクロスを上げて強引な攻めを展開、圧力をかけてきたがやはり石沢選手らがしぶとく跳ね返し続けた。終了間際には相手DFに必死で詰めた木下選手がボールを絡め取り、そのままドリブルしてゴールと試合を決めた。

 なかなか点が決まらなかったが、攻守に印刷を圧倒し、ほぼ完勝といえる内容だったと思う。選手のポジションもあってか昨年のよい時期のMIOに近いものを感じた。やはり木下選手はポストが安定しているし、外しはしたがPA内でボールに向かっていく時が怖さを発揮する。前線からの激しいチェックも効いて得点したし、持ち味を出せていた。安里選手もしかりで、中盤の底もいいが、前線であのキープとドリブルをされる方が相手は嫌だろう。この2人の攻撃力が尾上選手のたびたびの突破を引き出した要因だろう。
 守備では特に石沢選手がよかったと感じた。フィジカルのある相手FWに対し高さで競り勝っていたし、足元のボールもうまくはじき返して印刷の攻撃力を半減させていた印象だ。今季はあまり出番がないがプレーの質は高いままだな。浦島選手もよく中盤で相手をつぶしていたし、攻撃でも積極的に前に出て、先制点にも貢献していた。
 苦手としていた印刷相手に引き分けでもよしと思っていたが、ここまでいい内容で勝てるチームなのだ、と改めてMIOのよさを認識した。こういう試合を毎回とは言わないが、10回に7回くらいできれば4位以内という目標が近づいてくるのだろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード