VS流通経済大

 0-1で久方ぶりの敗戦。



   阪本
 木下浦島中浜
 大久保安里
山田石沢畑 伊藤
   安藤

 浦島選手トップ下、伊藤選手右SBというみたことない布陣でのスタートだったが、開始直後は相手のプレッシャーもあまりなく、楽にボールを持てる展開で何度かゴール前に迫った。ただ、中盤でパスを回すシーンはそう多くなかったように感じた。流通大はシンプルなロングボールばかりだったが、両サイドの選手が結構いい動きをしていた。10分すぎに中盤への不用意なパスをカットされると、相手右サイドへ展開され、突破されて折り返されたボールに、ファーサイドで合わせられてしまい、先制された。それでも比較ボールを持てたものの、パスの連携が悪く、ミスを連発してしまった。そうこうしているうちに流通大も攻撃のリズムをつかみだし、サイドから早い攻撃をしかけられた。

 後半開始から尾上選手と出口選手を投入し、尾上選手らが何度がいい攻撃を仕掛けるが、決定力を欠いた。カウンターで前に出てくる相手に対し、畑選手がエリア内の反則でPKを取られ、退場となってしまう。PKは安藤選手がセーブしたものの、9人となり攻撃がロングボール一辺倒になってしまった。最終ラインと前線の間隔も間延びしっぱなしで放り込んでもセカンドボールを拾われて時間を使われる悪循環でタイムアップを迎えた。
 
 MIOの自滅、試合運びの拙さにつきたゲームだった。この日の流通大は、それほど強さを感じさせるチームではなかった。いい選手はいたけれど、驚くような攻撃力や守備力があったわけではない。MIOが主導権を握っていた序盤に先制できないのはやむを得ないにしても、その後の失点はやはり集中力の欠如を感じた。見ている側としても「やられそうだな」というのがなんとなく分かる状態だ。攻撃面でも、いつものメンバー、配置でなかったとしても集中を欠いたようなプレーが目立った。軽いプレーも多く、プレスもしっかりかかっていなかった印象だ。

 右SB伊藤選手は、フィード面でいいかも、と思ったが今日に限ってはロングボール頼みになってしまう面もあった。木下選手も器用なので左MFもできるのだろが、やはり持ち味はゴール前、PA内ではなかろうか。まあ、敗戦のショックは選手たちが一番感じていたようだ。試合の流れをつかむ、持ってくるような選手があまり見当たらない現状では、一つ一つのプレーを丁寧にやるしかないのだろう。次節に悪い流れを引きずらないようにしてほしいものだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード