VS FC琉球

 2-1で琉球には2年ぶりの勝利(のはず)


  阪本木下
尾上伊藤大久保坂井
寿 谷口畑 山田
   安藤


 開始直後から主導権を握り、左サイドを何度か崩していい形をつくった。琉球の攻撃が単調なロングボールばかりだったこともあってあまりピンチもなく、いいゲームの入り方だったと思う。ただ山田選手らが決定機を迎えるも、惜しくも外してしまった。琉球は次第にサイドに早くボールを振るようになり、左右SBの対応が少しずつ後手を踏みだし、ひやりとするクロスボールやポストをたたくシュートを打たれ始めた。こうなると、中盤でキープできる安里選手がいないせいか、MIOの攻撃もつながりが悪くなった。それでも30分ごろに一度押し返してゴールに迫ったが、カウンターで切り返され、PAに入られたところで安藤選手が相手を倒してしまい、PKを献上し、失点してしまった。主審のやや一貫性を欠くジャッジもあり、いやなリズムで前半を終えた。

 後半も開始直後は嫌なリズムを引きずったまま。琉球の10番の神出鬼没の動きにDFラインが惑わされた感じで、ピンチの連続となったが、安藤選手がしのいだ。嫌な流れの中で、MIOの選手が運動量を落とさず、厳しくぷれすにいったことで、ゲームが動いた。中盤で引っかけたボールを左にふり、尾上選手が木下選手へ落とし、、木下選手は右サイドでフリーの阪本選手へ回し、阪本選手が押し込んで同点に追いついた。さらに直後のプレーで、左サイドでFKを得た。伊藤選手が蹴った精度の高いボールを、大外から走りこんだ谷口選手が蹴りこんで逆転した。
 琉球は元日本代表の山下選手らを投入、MIOもアラン選手らを投入し、互いにいいチャンスを作り始めた。ロスタイムには山下選手に決定機をつくらせたが、シュートがそれ、タイムアップを迎えた。

 ゲーム中からいらいらが募るなあ、と考えていたが、審判の笛が原因だったようだ。一週間前のヴィッセル戦とちがって、吹くこと吹くこと。カード出すこと出すこと。リーグが違うので審判の判断基準が違うのはやむを得ないが、見ている側の頭の切り替えが難しかった。まあ、JFLの笛といえばそうなのだが。
 審判に関しては、人間のやることだし、間違いはあるし、誤審っぽい判定の結果、MIOに有利になっている場面も皆無ではないので「●●びいきの笛」と思っていても書かないようにはしているが、今日はなあ・・・。

 天皇杯予選から見てきて、チームに安定感が出てきているように思った。安里選手がいないので、中盤のためがややなかったようだったし、DFラインのあぶなっかしい場面もあったが、強いチームになりつつあるように思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード