VSヴィッセル神戸

P9050004.jpg
 0-2で天皇杯2回戦負け。


  木下阪本
尾上安里大久保坂井
寿 谷口畑 山田
   安藤


 開始直後にゴール前に飛び込まれてあわやのシーンがあったが、その後は鋭い出足でむしろ押し気味になり、左サイドを崩してのクロスに坂井選手が飛び込んだり、阪本選手がいいシュートを放つなど、むしろ押し気味の展開だった。とくに安里選手は中盤で精力的に動き回り、攻守すべてに高いプレーをみせていた。木下選手や阪本選手も前線から走り回って、宮本選手をかなめとするDFラインに圧力をかけていた。神戸は手数をかけた攻撃でこそないものの、やはりパスやトラップの精度はJFLより上で、球際も強かったのが印象的だ。

 後半も前半同様にパスをつなぐサッカーができていたが、足が少しずつとまりはじめ、右サイドから飛び出してきた中盤の選手にきっちり決められてしまった。その後もサイドチェンジを多用する相手に少しずづ遅れをとり、またも右サイドからの飛び出しで追加点を許した。MIOはアラン、伊藤、浦島選手を投入し、アラン選手が惜しいシュートを放つなど健闘したが、およばなかった。

 負けはしたし、点はとれなかったが、きれいなスタジアムと芝で、MIOらしいいいサッカーは出来たと思う。後半途中までは「もしかしていけるかも」と期待を持たせるようないい出来だったし。J1の選手はやはり体が強いしスピードもある。通用した部分、しなかった部分含めて本当にいい経験になった試合だったのではないだろうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード