VS Honda FC

 皇子山は初めてだった。思っていたより見やすく、風が強いところも湖南になんとなく似ていたな。

 スタメンは前節と同じ  安部 内林
            西畑 中浜 浦島 伊藤
            細貝 谷口 畑  河野
                  田中
 開始直後に内林選手のミドルがあったものの、ホンダの厳しいチェックとサイドからの鋭い攻めに防戦一方で、確実性の低いロングボールを蹴ってばかりだった。それでもDF陣のふんばりでフリーでシュートを打たせることはせず、田中選手の攻守もあり失点はしなかった。30分ごろから、相手の疲れもあるのか、サイドでFW、MF、DFがからんでボールがスムーズに回りだした。こうなると、相手DFラインの前や逆サイドが空き出し、そこにボールを出してフリーの選手が前を向ける状態を作り出せた。どんどんあいている場所にボールを回すことで、ホンダを自陣に封じ込めるような場面もあった。CKも結構とれていたし、浦島選手がミドルを放つような、昨年にはなかったシーンも見られ、0-0で前半を終えた。

 後半は風下にたったこともあり、再びホンダの出足に押され始めた。相手のロングボールが強風で以外に伸びて、FWに抜け出され、失点。すぐあとにもミドルを打たれて2失点をくらった。大きく崩されていたわけではないのに、連続失点したことで「またずるずる行くのか」正直、と悲観的になりかけた。
 ところが、ふたたびボールがつながりだし、西畑選手を中心とした鋭いカウンターが出始めた。カウンター気味の展開で細かくボールをつなぎ、右サイドから伊藤選手がクロスを上げたところ、逆サイドの西畑選手がゴール前までつめ、頭で一点。しばらくして交代で入った木下選手がにたような展開から体で押し込んで同点に追いついた。その後はホンダの猛攻に遭い、何度もピンチを迎えたが運も味方してタイムアップ。今季初の勝ち点をえた。


 振り返ってみると、昨年のサッカーとは明らかに違うことをしようとしているのよくわかった。未完成なんだろうけど、ボールをまわしながら好機をうかがう狙いはよくわかったし、西畑選手がクロスに対し、ゴール前まで詰めていた、ということが選手の意識変化を見せ付けていたように思う。前節で手ごたえを感じていた、というのは間違いではなかったのだな。それにしてもやっぱりホンダは強かった。でも、畑、谷口選手はよく相手を抑えていた。畑選手なんか、昨年の得点王の新田選手にほとんど仕事をさせていなかったのではないか。いい選手だなあ、ほんとよく獲得できたなあ。谷口選手もポジショニングがすばらしかったな。これまであまりよさが見えなかった中浜、浦島選手も体の強さやパスセンスを発揮していたし、安部選手の献身的な動きは相変わらずだった。そして西畑選手のドリブルのキレやカウンターのスピードには、ホンダの選手も対応できていなかったな。今日のMVPなのではないか。いずれにしても、選手の自信になっただろうし、サポーターにとっても応援しがいのあるゲームだったな。こういうゲームを続けていければ、自然と結果はついてくるのではないかな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード