懐かしい顔

 昨日のゲーム、後半途中から山雅の木島選手が入ってきた。時間が短かったこともあってか、大活躍というわけではなかったが、前を向かせると相変わらず威圧感があるな。やっぱり敵に回すと怖いものだ。橋内選手とファール云々で争っていたのには「激しい気性は変わっていないな」と笑えたのと同時に、なんだか懐かしくもあった。木島選手がいた初年度も、MIOは今期と同様に苦しんでいた。前線にボールが入ってもフォローが少なく、安部選手や木島選手が奮闘のあまりファールをたくさんもらっていたのを思い出す。

 もちろんファールはもらわないにこしたことはないし、今の選手も一生懸命頑張っているのだが、ふと木島選手のような野性味あふれるプレーが懐かしく感じてしまうこともある。あの頃を知っている選手は昨日のメンバーでは浦島、寿、桝田選手くらいか。

 ほかのチームに移籍しようとも、MIOにいてくれた選手がピッチで頑張っている姿を見るのは本当にうれしい。MIO戦ではあまり活躍しないでほしいが、長くプレーを続けてほしいものだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード