VSツエーゲン金沢

 1-0で連敗ストップ。


  坂井出口
寿安里大久保中浜
細貝谷口橋内桝田
   安藤

 残念ながら?久保選手はいなかったが開始後から金沢はたて一本の速い攻撃をしかけ、フィジカルに優れた13番を中心にMIOゴールに迫ってきた。MIOも谷口選手らが苦労してしのぎ、安藤選手の好セーブに助けられると徐々にボールが回りだし、左サイドを中心になんどかいい形ができかける。20分過ぎ、崩した左サイドからクロスが上がるとニアに出口選手、ファーに坂井選手が突っ込み、坂井選手にあって先制した。金沢はサイド突破と13番のフィジカルに力があり、MIOをたびたび押しこんできたが、やや攻撃が一本調子な印象があった。
 
 気温がますます上がった後半は消耗戦の様相を呈し、MIOは畑選手、浦島選手、阪本選手をあいついで投入してきた。金沢の攻めはますます力強く、なんども決定機をつくられたが安藤選手の好セーブや相手のミスに助けられると、次第にカウンターを取りやすくなった。左サイドに張り出した坂井選手が何度もボールを収め、阪本選手や安里選手が決定機を迎えるが決め切れず、1-0でタイムアップとなった。

 とにかく暑いゲームで両チームの選手ともきつかったと思うが、どちらも良く走っていた。この試合のMVPはやはり坂井選手だ。得点はもちろんのこと、後半の一番厳しい時間帯で前線に入ってきたボールをよくマイボールにしていたと思う。小柄だが、大きな相手にも体を果敢にぶつけ、転がされてもすぐに立ち上がって走り、ヘディングは最後の最後まで首を伸ばして競り合うなど胸をうつ奮闘だった。試合後のインタビューで子供たちに「小さくてもがんばればできる」といっていたが、本当に子供たちには良いお手本だった。こういう働きをする選手が一人でも増えてくるとそれだけチーム力もあがるだろう。

 金沢からたくさんのサポーターが来ていたので久々に活気づいた湖南スタジアムだった。にぎやかなのはよいな。勝てばなおさらだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード