想定内?のオランダ戦

 惜敗、悔しい、というのは確かだが、0-1の負けは、まあ想定の範囲といえるだろう。もともと、悪い想定では2戦を終えて勝ち点1で最終戦にかける、というシナリオだったろうし、勝ち点4なら上出来、2ならまあありかな、3は上々、といったところではないか。デンマークが強いのは確かだし結果がどうなるかはともかくとして「負けなければリーグ突破」という立場を得たのは大きな成果だ。0-2だったら「勝たなければならない」ので、ゲームプランの選択も狭まったはずだ。仮にリードされていても1点差なら望みは大きいし、先制して同点に追いつかれてもそのまま終わればいいわけなので、賢く冷静にゲームを進めてほしい。

 この有利な状況をもたらしたのはDFの踏ん張りによるところが大きい。CB2人、特にトゥーリオ選手はよくやっているし、オランダ戦の終盤のパワープレイの奮迅には心を打たれた。
 ひきかえて、交代で入ってきた3人はやや物足りなかった。岡田監督の采配ミス、というよりはピッチにいるメンバーと、3人の意識に大きな溝があったように思う。途中でテンションの高い敵味方に合わせる難しさというのはなんとなくわかっているつもりだが、守備で奮闘したトゥーリオ選手が前線でも激しく競り合ってボールをものにしているのに、ちょっと淡泊すぎやしないか、と思う。激しくいかないと攻守ともいい仕事はできない、ということはカメルーン戦とこの試合の途中までで分かっていたはずだと思うのだが。岡崎選手が持ち味を出しかけた(シュートを外したこと自体は仕方ない面もある)くらいか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード