迷走代表

 日本代表が迷走に迷走を極めている。やることなすこと効果がなく、好調とみえた一時期にアジア勢相手に見せていたサイドに密集してのパス交換はもう見る影もない。戦術がどうこう、と巷ではいわれているが、もともと戦略・戦術は、どんなものであっても矛盾を内包していると思う。岡田監督がとった一方のサイドに人を密集させるやりかたは、それが故に突破できるし、それが故に奪われて逆サイドに展開されればもろい。そうでなく、ピッチ上にバランスよく人を並べても、今度は密集してきた相手に突破されるかもしれないし、密集した相手の逆をついて好機をつかめるかもしれない。攻守ともに1対1より、2対1が有利、というような原則はあっても、戦略・戦術そのものに絶対性はない。自チームや相手チームの特性との相性があるだけだ。
 現在のように行き詰まった場合、ふつうに考え付く手段としては戦略・戦術の特殊化を徹底させ、さらに人をかけて強行突破を図るか、またバランスをとる(一般化に向かう)か、だろう。全く異なった戦略をとる時間はもうあまりない。
 と、机上でいうだけなら素人の自分でもできるわけで、そんなことは百も承知のはずの岡田監督には用いるべき戦略・戦術の見極めと、それをピッチ上で選手に徹底させる能力が求められるのだろうが、指揮官自ら「私でいいのか」とのせりふが口にでるようでは、この人では厳しい、とみざるをえない。決断が仕事の人が決断できないようではもうどうしようもないと思う。
 
 ただ、チームのポテンシャルで日本がグループ最下位にあるのは間違いないと思うが、一方で意外にいけることもあるのかも、という気もしている。よくも悪くも相手のあることなので、日本代表の特殊性が意外にカメルーンやデンマーク相手には合うこともあり得るし、相手が調子を落としたり自滅したりで、どんなかたちにせよ得点したり、守りきることも可能かもしれない。
 いずれにしろ、岡田監督の手腕を除外した希望的観測で、ファンとしてそこに頼らざるを得ない時点でチーム作りが失敗しているといえ、岡田監督に一定の責任があることには変わりない。先日の韓国戦では安くないお金を払って駆けつけたサポーターへの挨拶すら怠った。境遇に恵まれないJFLですら、挨拶を怠った選手や監督さんはあまりいないと思うのだが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード