サポートメンバー

 W杯のサポートメンバー4人が発表された。予備登録との違いがよくわからないが、紅白戦要員というような役回りなのだろうか。若手ばかりで経験を積む、ということのようだが広島の槙野選手のような辞退例もあるなど所属チーム事情などとからんで賛否両論のようだ。自分としては、W杯未体験の98年であれば大賛成だったが、現在はそこまで必要性を感じない。経験ならばB代表を組むなり、これまでの親善試合で招集するなりする方が身内相手の紅白戦より効果的だろうし、所属クラブで試合をこなしていったほうがいいだろう。W杯独特の雰囲気といってもベンチ入りできるわけではないだろうし。いずれにせよ、代表でもない中途半端な立場ならクラブの方が大事、という選手はいて当然で、日本のサッカー文化が成熟しつつある証しかなと思う。

メンバーの一人の流経大の山村選手は、JFLでMIOとの試合にも出ていなかったかな?MIOと関わった選手がサポートメンバーとはいえ代表に帯同するということで、雲の上の代表が、少し身近に感じられる。JFLはリーグが中断しないので、大学生でもなければ選ばれたところで選手もチームも困るだろうが、誰か名前があがったら面白かったな。
MIOも木下選手や浦島選手など若い選手には、代表入りが取りざたされるようなレベルに育ってほしい。滋賀にいながらにして代表に絡む、という事例はあまりなかったはずだし。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード