VS SAGAWA

 1-2でリーグ戦での滋賀ダービーで初黒星。


  尾上安里
中浜大久保浦島伊藤
細貝谷口石沢桝田
   安藤


 序盤から前線に張った御給選手へボールを集めるSAGAWAの攻撃に苦戦。谷口選手と石沢選手が奮闘するも、ポストプレーを許し、御給選手にからんでくる中村元選手らにボールを拾われ、サイドを崩されてしまう。またPA内で御給選手の足元にボールを預けられきわどいシュートも許してしまう。中盤が押し込まれてしまったため、攻撃もロングボールが多くなってしまうが、前線の尾上選手や安里選手がSAGAWAのDF陣にほぼ封じ込まれてしまう。きわどいところでしのいできたが、30分にCKを与えると、ファーの御給選手を警戒してか、ニアの山根選手があいてしまい、きれいに合わせられて失点。リーグ戦の滋賀ダービーで先制されたのは初めてとなった。
 前半終了前に尾上選手にかえてアラン選手を投入すると、アラン選手がラインの裏を狙う動きをみせ少し盛り返した格好で前半を終えた。

 後半にはいると少しずつスペースができ、ボールが回り始める。御給選手も石沢選手がうまく対応し、ピンチはあるものの猛攻は許さない。浦島選手に代えて木下選手を投入すると、前線でのボールの収まりどころができ、サイド攻撃も機能し始めるが、よいところでパスミスやトラップミスも目立った。そうこうしているうちに、25分過ぎに右サイドを破られてあげられたクロスを待ち構えていた御給選手が見逃さずに押し込み、2-0とされた。ここから猛反撃をみせ、終了前にアラン選手が1点を返し、なおも石沢選手をトップに張り付かせて攻撃するが、タイムアップを迎えてしまった。

 リーグ戦の滋賀ダービーではもっとも力の差を感じた試合だった。やはり1点目をふくめ、御給選手にやられた試合だったように思う。決して石沢選手や谷口選手のできが悪かったとは思わないし、やはりこのリーグでは図抜けた選手の一人だということがよくわかった。
 攻撃は相変わらずうまくいかないものだ。田中選手がいないせいか落ち着きどころがないし、簡単なミスも多い。アラン選手が自分の持ち味をだそうとしてようやく好転したように思う。きれいにまわすのも大事だが、壽選手やアラン選手のように時には強引に仕掛けることで好機が生まれることもあると思うので、前半から勝負にいってほしいものだ。どうも前半は淡白すぎるように感じた。
 内容では完敗だったが、なんとか一点差ゲームに出来たし、終盤はスタジアムも盛り上がった。ダービーとしての内容はあったゲームができたことが敗戦の中の救いというところだろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード