VS HONDA戦

 0-1で連敗。


  安里出口
尾上中浜浦島木下
細貝谷口畑 桝田
   安藤

 先発の大幅入れ替えがあるのかと思ったらそんなこともなかったが木下選手が右サイドに張り出していたのが驚いた。2タワーなのかと思っていたが、右サイドにボールの収まりどころをつくろうという狙いだったのか。両チームとも慎重に試合に入り、決定的なシュートチャンスは多くなかったが、どちらかといえばMIOがセットプレーを多くとって優勢に前半を終えた。ただ、ボールの回りは悪く、木下選手も右サイドから視野の広さを見せて大きなサイドチェンジをなんどか見せたが、効果は薄かった。

 後半は出口選手を下げて山田選手を投入、木下選手をトップに置いていつものMIOらしい攻撃が出始めた。セットプレーも多くとれ、浦島選手や尾上選手がPK獲得か、というプレーも見せたが得点には至らず。終始攻勢をかけたが、終了間際にカウンターを許し、左サイドを破られてクロスをあげられ、押し込まれてしまった。


 HONDAはこれまでのシャープさがなかったが、MIOも決定機はあまりなかった。よくはなって来ていると思うのだが、後一歩というところか。選手の悔しさが伝わってきた。調子も上がりきらず、本当に苦しい時期なのだろう。辛抱強く応援したい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード