VS 佐川印刷

 2-8の大敗。

  田中木下
中濱安里浦島寿
細貝谷口畑 桝田
   安藤

 開始直後は長短織り交ぜたパスで相手を押し込み、決定的ではないがシュートチャンスも作った。しかし玉際に強く、スピードに乗って前に出てくる印刷の守備にひっかかり始め、両サイド奥から崩されて次々に失点。反撃にでようとするも、木下選手のヘッドが相手の好守に阻まれれ、気持ちも少し切れたのか、0-4で前半を終えた。

 後半開始から出口選手を入れて反撃を試みるも、速攻から崩されるパターンでまたまた失点。このあたりから選手達も開き直ったのか、なりふり構わず前に出始め、セットプレーから(だったかな?)木下選手が一点返し、なおも点を取られるが、交代で入った尾上選手が人数をかけた崩しからのクロスをヘッドで決め、気を吐いた。山田選手も交代で入り、右サイドの崩しで貢献し、大敗はしたが新戦力の力が確かなことが確認出来たのは収穫だった。

 これだけ点をとられると、経過もあまり覚えていない。玉際、運動量で完敗していたのがすべてだろう。塩沢選手はさすがに、ゴールへの最短距離を知るストライカー、という感じで昨年よりも周囲との連動がスムーズだった印象だ。あとは印刷の14番と、中盤から飛び出し、MIOのDFをパニックに陥れていた10番の動きが素晴らしかった。
 中盤のパスを不用意に失う展開は前節と似ていた。少々攻撃が単調だった秋田はともかく、高い攻撃力を有する印刷相手にはごまかしがきかなかった、ということだろうか。相性が悪いということもあるだろうが、田中選手を中心としたパスのパターンがどうも研究されているような印象も受けた。不用意なトラップミスもあったが、完全に狙われているような場面もあった。パスサッカーを続けるなら、個々人がもう少し体を踏ん張るなり、サポートを早くする意識が欠かせないと思う。谷口選手が交代していたが、谷口選手だけの責任ではないので自信を失わなければいいが。

 開き直った後半は、スコアでいったら2-4で負けていたが、新加入選手がはいるごとにMIO本来の良さを取り戻していったと思う。田中選手がいるとボールの預けさきとして頼りがちになってしまうが、交代後は中濱選手や浦島選手が躍動して、シンプルに散らせていた様に思う。前半からこの動きが出来ていれば、と思った。右サイドに回った木下選手も無理な体勢からでもゴールを狙うなど、動きの良さを取り戻していたし、畑選手もこれまであまり見られなかった前への推進力が出ていた。それぞれの選手が、大量リードされるという非常事態になって、なにか吹っ切れたかのようだった。新加入選手で言えば山田選手は攻撃にアクセントを付けられる面白い存在になりそうだし、出口選手もフィットすれば出番は増えそうだ。尾上選手が点を取ったのも大きい。あの得点パターンこそいいときのMIOだ。

 昨年からわりと順境だった流れに冷や水をぶっかけられたような展開だったが、相手より走る、体を張る、という初心にもどるゲームであってくれれば救いはある。後半は新加入選手を中心に、そういう気持ちが見えたので、サポーターからは拍手が起きていたのだと思った。次節以降、スタメンの大幅な変更があってもおかしくないが、だれが出ても後半のような試合になるようにしてほしい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード