VS ブラウブリッツ秋田

 1-0で今季2勝目



  田中木下
中浜安里浦島壽
細貝谷口畑 桝田
   安藤


 強風の中風上でゲームを開始。秋田の前からのチェックが激しく、ロングボール主体のゲームになるが木下選手がきっちりマークされていることもあり、楔のボールがなかなか入らない。パス回しも細かいミスが多く、サイドバックが上がっても効果的に使えないシーンが目立った。それでも時間の経過とともに少しずつ主導権を握り始め、効果的なプレスからのボール奪取も多くなった。30分過ぎに田中選手や木下選手が前から奪いに行き、DFのクリアミスから田中選手がGKと1対1になり、左足できっちり決めた。ボールがさらに回り始め、直後に桝田選手が一点目と同じような形をつくったがGKのセーブにあった。秋田はフィジカルにすぐれた2トップを中心にゴール前になだれ込んでくるシーンが何度かあり、あわやという場面もあったが桝田選手の好クリアなどで防いだ。

 後半は開始直後から高い位置でプレスをかけて主導権を握り、昨年の好調時のような面白いボール回しが展開された。浦島選手や細貝選手がPAに侵入する場面もあり、追加点の期待も高まった。走り回ったせいかMIOの足が少しずつとまり始めると、秋田のパワープレーにさらされ始め、ゴール前に釘付けになり、何度か怖いシュートも打たれたが安藤選手の好セーブなどで切り抜け、終盤は出口選手や尾上選手を投入しタイムアップを迎えた。

 辛勝とはいえ好調とされていた秋田に勝てたのはよかった。反省点は多いゲームだったと思う。軽いプレーでボールを失うこともあったし、木下選手へのロングボールも狙われていたように思った。ただ、後半開始からは昨年のようなプレーができていたし、木下選手のポストプレーもよくなっていたので、ハーフタイムで修正できていたということだろう。田中選手は本来のキレではなかったと思うが、しっかり点を取ったのはさすが。結構しんどそうなドリブルに見えたが、左足の精度はすばらしいな。また浦島選手の攻守の成長は本当に驚いた。力任せだけでないボール奪取と迫力ある攻め上がり。ポジションに才能が適応した感じで、上のレベルでも十分やれるんじゃないかなあ。尾上選手の切れのあるドリブルもこれからの楽しみになりそうだ。
 フィジカルのしっかりした相手にパスを失う場面がめだったこの試合、個人的に印象に残ったのが壽選手だ。小柄で倒されることも多かったが、軽いプレーに走らず、攻守ともに一生懸命相手に体をぶつけていく、よい意味での泥臭さに胸を打たれた。スマートな攻守ができつつあるMIOだが、壽選手のようなプレーを忘れて欲しくないものだ。

 秋田は昨年まではあまり印象に残らないチーム(悪い意味でなく、基本に忠実なサッカーをしているという意味で)だったが、2トップのフィジカルは驚異的で左足のうまい池田選手の切り込みからのクロスに、何人もがPA内になだれ込んでくる攻撃は本当にひやひやした。ちょっと単調な攻めなのかなという気もしたが、怖いチームがまた増えた印象だ。試合後のサポーターのエール交換はよかったなあ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

レポートありがとうございます

どうも始めまして、いつも拝見しております。
秋田戦は所用で見に行けず、どんな試合だったのか気になっていたので、詳しいレポートが非常にありがたいです。どうもありがとうございます。
まだ選手同士の連携が取り切れていないようですが、徐々に良くなっていくことを期待しています。また、このところ新加入選手の出番が少なくなってきていますが、それらの選手が活躍するところも是非見てみたいです。
これからもよろしくお願いします。

Re: レポートありがとうございます

 へたサポさん

 ありがとうございます。思い出したことをまとめるので精一杯ですが、読んでいただけて嬉しいです。私もへたサポさんの感想を楽しみに拝見しています。書き込むのが楽しいゲームが続くといいですね。
プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード