VS ジェフリザーブズ

 5-0の大勝。


  坂井木下
中浜安里浦島田中
細貝谷口大久保桝田
   安藤

 開始早々から、中盤でのつぶし合い、ジェフのロングボール多用でボールが落ち着かないが、5分過ぎに中央やや左を崩して木下選手(だと思ったが)のシュートがはじかれたところを酒井選手が押し込み先制。20分には右CKからまたもや坂井選手がヘッドで追加した。パスでの崩しはさほど多くないものの、主導権を握りだすと右サイドからクロス、木下選手(だったような気がする)の落とした左サイドにフリーになった安里選手が走りこみ、3点目、さらに35分ごろにはスルーパスに抜け出した木下選手が右に持ち出し、落ちついて決めた。守備陣もロングボールを多用してくるジェフに対し、谷口、大久保選手がしっかり対応、こぼれだまを拾われるシーンもあったがあまり危険な場面はなかった。

 後半は大差が付いたせいか、両チームとも少々ペースダウンした感があったが、CKからのこぼれだまを谷口選手が押し込んでJFL昇格後初の5得点、5点差ゲームを達成した。

 こんな幸せな開幕を迎えられるとは・・・。ジェフRの攻撃の工夫の少なさと、ファウルをきっちりとってきたジャッジもあったとはいえ、終始落ち着いて見られるゲームだった。坂井選手が目立ったが、木下選手がきっちり相手をひきつけていた成果でもあったと思う。坂井選手はスピードにすぐれ、ジャンプ力もあって抜け目ない感じの選手っぽいので木下選手との相性もよさそうだ。強力な得点源がもうひとつできそうで、木下選手へのマークも分散するかもしれない。木下選手でいうと、4点目は落ち着いて、動きも滑らかだった。安里選手のシュートといい、さらに成長したのだろう。

 守備陣も堅かったが、浦島選手の働きは特筆すべきものだったように感じた。相手が突破しそうな地点でしっかり足を出して寄せ、危険の芽を摘み取っていたし、攻撃でも点にはならなかったがタイミングのいい、ダイナミックな飛び出しを見せていた。毎年印象が変わる浦島選手だが、今日は長谷部選手といったところだろうか。彼が動くと展開が大きくなって見ていて面白い。

 開幕ということもあるのだろうし、ハードな守備が売りのジェフR相手ということもあってかパスの周りはさほどよくはなかった。割りにロングボールを使っていたし(もちろん今回はそれでいいのだが)、やりたいことができたわけではなさそうだ。極端に言えば得点機は全部ものにしたが、得点機の回数=得点数だったようにも思う。まあ、それでも昨年ならこういう展開の試合は1-0、0-0だったのだろうと思うが、決め切れているのは大きな成長だ。選手の成長と和田監督の手腕は本当にたいしたものだ。控え選手も使えたし、調子のいいうちに勝ち点を荒稼ぎしておきたいな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード