バーレーン戦

 本田選手が入ったことで明らかに前線に大きな楔が打ち込まれた感があり、攻めに力感が出てきた。松井選手、長谷部選手も当たり負けしないので無骨に見えながらもパスがしっかり回っていたと思う。正直、玉田選手、大久保選手よりよかったと思う。細かくまわすだけというより、飛ばすとこは飛ばす、まわすとこはまわす、と海外組の判断は適切だった。戦術に縛られすぎないのがよかったのだろう。これで岡田監督の首は完全につながることになった。本選で吉と出るか、凶となるか。

 稲本選手もいいが、機動力で勝る長谷部選手はやはりすばらしい。守備に力点を置くなら、遠藤選手を外す手もありそうだ。まあいずれにしても今後のシーズンの調子などで決まっていくのだろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード