「戦略の本質」

 「戦略の本質」(日経ビジネス文庫)

 名所「失敗の本質」の姉妹編として、おなじメンバーが毛沢東の反包囲戦やサダトの限定戦争、ベトナム戦争などの事例といった「逆転」の戦史事例をもとに、戦略の本質に迫る。

 逆転という視点で切り取ったケーススタディがわかりやすくてよかった。特に第4次中東戦争はあまり位置づけが良くわかっていなかったので、大変参考になった。ややビジネス書っぽいけれど、あまり気にならなかったな。

 戦略というとつい固定化して優劣を比較しがちだが、時間の概念を用いることで変動することがあるという、まあ当たりまえだが言われないと意識しない点をしっかり書いていてくれたので、ものごとを考える際の参考になるな。時間がたつにつれ、強みが弱みに、弱みが強みに転換するということは卑近な例でも結構ありそうだ。また、ここに描かれたリーダーたちは必ずしも万能というわけでもないし、錯誤もかなり犯しているのだが、一貫性や人をひきつける力と戦略の妥当性が組み合わせられれば、逆転現象を起こせる、というよい事例なのだろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード