「戦争概論」

 「戦争概論」(ジョミニ・中公文庫)

 帝政フランス軍の幕僚長などをつとめたジョミニによる戦争、戦略、戦術についての一冊。主力を決勝点へすばやく機動、集中させることがポイント、とあり、この辺がクラウゼヴィッツとことなるようだ。兵器の近代化やナショナリズムの高揚によって戦争が総力戦化してその被害が甚大なものとなるであろう点を懸念しているあたりはさすがに戦場に身を置いた人ならではなのだろう。制限戦争に近い発想をしながらも、しかし戦争というものが不可避的に破壊力を増していくこともわかっていたのだろう。

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード