プレシーズンマッチ

 佐川守山陸上競技場であったMIOとSAGAWAの練習試合を観戦。結果は0-2の完敗。


  内林 安部
西畑 中濱浦島 伊藤
壽 谷口 畑   枡田
    田中

で西畑選手と伊藤選手がかなりサイドに張って高い位置にいた。昨シーズンとあんまり変わらない布陣だった。序盤こそパスをまわしていこうとするものの、SAGAWAのすばやい出堅固なバックラインに阻まれ、次第に昨シーズン同様のロングボールになってしまった。攻めにかかる人数は増えたが、カウンターでその裏をつかれて2失点だった。攻守の切り替えや攻撃の手順の速さ、シンプルさはさすがSAGAWA。スコアどおり(それ以上?)の差だった。
 
 この日は新加入選手のプレーを初めて見たが、伊藤選手の技術の高さと畑、谷口選手の対人プレーの強さが目立った。失点はいずれもカウンター気味なので仕方ない。ロングボールやサイド攻撃にはきちんと対処できていたように思うし、安心してみていられるシーンが増えそうだ。交代選手では細貝選手がよかった。昨シーズン終盤よりいちだんと切れていた気がする。安部選手は昨シーズンにもましてボールを追いかけていて今年も応援したい気分にさせてくれた。
 ボランチの選手がライン裏に出て行くような動きがみえたが、この辺が今年の特徴になるのだろうか。

 なんにせよ、現状ではリーグ上位クラスと思われるSAGAWAとは差があることははっきりした。この日のメンバーがベストなのかどうかはわからないが、体の使い方やルーズボールのとり方、チャンスのつぶし方などでも差があったと思う。ここから埋めていくのは大変だろうが、開幕前にこういうゲームをやれてよかったのではないか。ホンダやSAGAWAの速攻スタイルは、リーグ上位チームのひとつの物差しだと思う。これでリーグのプレー基準みたいなものが選手の体にインプットされ、対応できるようになると開幕してもなんとかなるのではないか。
 ライバルではあるが、身近にSAGAWAのようなチームがあるとありがたいなあ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード