ベスト4

P2060010.jpg
 JFL開幕を前に、目ならしの意味もあって中国戦をテレビ観戦。ひところと違ってそう熱狂しないで代表戦を見られるようになったのはよいことなのか、悪いことなのか。

 試合は0-0。合宿のコンディション云々はあるにしろ、よくも悪くも相変わらずの試合展開だった。ボールサイドに人数をかけて崩そうとして何度かは成功するけれど、ゴールは奪えず、体力も落ちてプレスが効かなくなってカウンターを許してしまい、あわや・・・。選手の顔ぶれも変わらないので見飽きた展開ともいえた。良く考えると前線からの激しいプレスはいいのだけれど、奪えてから手数をかけずに攻められないので体力の無駄になっている気がする。大きなサイドチェンジは選手の判断にまかされているようだが、決め事として入れといたほうがいいんじゃないかなあ。

 個人的には前半の稲本選手の動きやコンディションの悪さが気になった。後半に修正していたので大丈夫なのだろうが、少しフィジカルが落ちているのだろうか。

「W杯ベスト4」を狙うにはなんとも物足りない内容だが、一方で現状の日本はこんなものかなあとも思う。大体、監督自身がベスト4を本気で狙っているとは思えない。とくに大久保、玉田、岡崎選手という前線は停滞感というか手詰まり感がありありだった。選手の問題というか、変わり映えしない戦術で縛りすぎな首脳陣の問題ではないかなあ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード