JFLで通用する選手

 オフシーズンのこの時期、いろいろなチームのサポーターのかたのブログなどを拝見しており、戦力補強について考えてみた。JFLの場合、高校や大学の超トップ選手の加入はあまりないので、ファンからすると実力が図りにくいし知名度もないので話題にしにくい。そうなると話題の中心は「元Jリーガー選手」。今季は久保選手や服部選手といったA代表経験者が加入するのでなおさらだ。当然、元J選手が加入したチームのサポーターの期待値はかなり高い。普通に考えれば個人能力が高いのでいい補強なのだと思うが、リーグで年間を通じて大活躍できるか、といわれるとやはり未知数の部分が大きいと考える。

 J2より下、とは言ってもSAGAWAやHONDAの選手の能力は高いし、戦術的完成度は結構なレベルにある。個人能力だけで好きにやらせてくれるほどDFも攻撃も甘くない。また、グラウンドコンディションが一定ではないので、技術を生かしにくい局面もあれば、炎天下のゲームもある。さらにJに比べ、大都市部のチームが少ないし予算もないので遠征は日数をかけないケースが多く、コンディション維持も楽ではない。
 さらに、MIOが昇格してからの2シーズンしか観戦していないが、元Jの選手といえども、周りとの呼吸が合わないとただの1選手になってしまうように思えた。チャージに対する判定のばらつきもJよりあるように感じるし、久保選手や服部選手といえど、そうそう簡単にはいかないのではないか。

 MIOにも田中大選手や木下選手といった元J選手がいるが、周囲とのコンビネーションを大事にしつつ、自分のよさを出していこうとする姿勢があるので、活躍できているように思う。あとは、お客さんもすくないし、条件もよくないなかでも戦える、という精神面の強さも必要だろう。反対に言えば、肩書きがない無名選手でも元J選手を押さえ込める素地が十分あるリーグともいえる。無名選手が元J選手を倒す、ということがありえるのも、JFLの魅力のひとつだな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード