「最悪」

 「最悪」(奥田英朗・講談社文庫)

 資金繰りに苦労する町工場の中年男、くだらない日常にうんざりの銀行OL、気の向くままにその日ぐらしのチンピラの3人が些細な出来事の積み重ねで日常を踏み外し、ついには「最悪」の破綻が訪れる。

 3人が徐々に転がり落ちていくなあと思っていたら、転落の加速度がどんどん増して気が付けばとんでもないスピードになっていた。チンピラにはあんまり同情できなかったが、町工場のオヤジさんは本当に気の毒としか言いようがない。ただ、OLの妹のキャラがいまいち良くわからなかった。銀行強盗についていくかなあ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード