滋賀サッカーなど

 昨日高校サッカー野洲戦を観戦したが、2-4で敗退。技術は互角だがフィジカルやスピードは相手の方が上だったかな。両チームとも、意図のないパスがほとんどといっていいほどなく、一回戦とは思えないレベルの高さだった。最近の高校サッカーのレベルはすごいなあ。自分の高校生当時は、山なりのゆるーいクロスや放り込みが全国大会でも当たり前だったからなあ。

 野洲は敗れたとはいえよい選手が多かったが、やはり大学進学組がほとんどなのかなあ。MIOに何人かきてもらいたい気もするが、なかなか難しいかな。地元で受け皿になれるチームもびわこ大など含めて増えてきているとは思うが、まだ十分ではないのだろう。


 今日は天皇杯決勝をちょろっとテレビ観戦。ガンバのパスワークがちょっとだけMIOと重なって見えたのがなんとなく嬉しかった。西野監督は和田監督にとって師匠筋にあたるということなので当たり前ではあるが。MIOもあの完成度と破壊力を目指したいものだ。しかし西野監督はつくづく名将だよなあ。チームとの契約や協会の派閥などのさまざまな事情があるにせよ、日本人の中で日本代表監督に一番ふさわしい人材であるのは間違いない。岡田監督の上から目線のえらそうなコメントに接するたびに「西野さんならともかく、なんでこの人がそんな態度をとれるのだろう」とつくづく疑問を感じる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード