年末回顧④

中浜選手 新加入ながら中盤でどこでもこなすマルチな活躍を見せ、MIOに欠かせない人材となった。高い技術と運動量、球離れのよさでパス回しの潤滑油となっただけでなく、ゴール前にも入ってきて正確なシュートで得点もきっちり挙げた。この人がいなかったら、和田監督のかかげた攻撃サッカーは機能しなかったんじゃないだろうか。守備も攻撃も本当に高いレベルでこなす、MFのお手本みたいな選手だな。ポジショニングもいいし、サッカー偏差値が相当高いのがよくわかる。プレースタイルは浦和レッズの山田直選手に似ていると思う。中浜選手を獲得できたフロントの慧眼に敬服だな。

田中大選手 序盤はけがなどで出番がなかったようだが、出始めると圧倒的な存在感で中盤に君臨し、6連勝の立役者となるなどまさにMIOの王様、といった趣のあるプレーを見せた。高精度のスルーパスやテクニックに裏打ちされたキープ力、ゲームメイクなどはすばらしいの一言で、時に相手を小ばかにするようなプレーもあり、好調時はリーグでも屈指の存在感だった。運動量もいうほど少ないわけではない。前シーズンは本人のコンディションもあったのだろうし、中盤の底だったこともあってかボールを適度に散らすだけの選手かと思っていたが、とんでもない勘違いだったな。もちろん田中選手のパスを受けるべく走り回った周囲の存在も重要だったが、FWに据えた和田監督の采配も大ブレイクの要因だったと思う。プレースタイルから時間とともに下がってくるにしろ、ゴールに近い位置で仕事をすることでよりパスが光るということが良くわかった。MIOに来る前はあまり知らないのだが、高校卒業いらいもっともよいシーズンだったのではないか。

安里選手 ほとんどFWなんじゃないかとも思うが、登録はMF。序盤はボールが足に付かないような印象も受けたが、ホームSAGAWA戦から調子が上向いた感じで、試合を重ねるごとに欠かせない存在になっていった。運動量とスピードに溢れ小柄だけれどしっかり体を入れて取らせないドリブルも見事だが、何よりパスを引き出す動きがすばらしいかった。田中選手のパスが生きたのも安里選手の動き出しのよさがあったからともいえる。カウンター攻撃の祭も鋭い動き出しで何度も相手の急所をえぐっていた。試合を重ねるにつれ、シュートチャンスも増えてきたので来年は2桁得点も十分いけるのではないかと思う。

伊藤選手 序盤はレギュラーで右MFの位置にいたが、怪我だったのか、途中でポジションを失ってしまった。ただ華奢な体つきながらボール扱いは卓越していたし、キックの精度はチームトップではないかと思わせるものがあった。終盤には復帰していたようなので来年こそシーズンを通しての活躍を期待したい。

若林選手 前シーズンは不動のレギュラーだったが、新加入選手の台頭もあり、出番が減ってしまった。交代出場の時はトップ下を任されていたので、前シーズンのボランチとは違ってボールに絡みづらかった感じも受けた。それでも、アウエー印刷戦などは劣勢のリズムを変えていたので、まだまだ力は十分にあるはず。ずっとベンチには登録されていたので監督も力は認めているということだと思う。それにしても若林選手が出られないとは中盤の層も厚くなったな。MIOのなかでもかなりファンな選手なので、さびしいけれど。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード