木下選手のインタビュー

 公式HPの予告どおり、本日の京都新聞(滋賀版)に木下選手のインタビュー記事が掲載されていた。写真を2枚使うなど、結構大きい扱いで目だったのではないか。写真では、試合中の凛々しい表情とうってかわってにこにこと、お年寄りの荷物を持っていそうな好青年ぶりだったな。記事内容からみると、MIOにきて本当に正解だったようだ。トライアウトを受けるなど、がけっぷちだったようだが、それから一年もたたないうちにキャリアのなかでも一番いいシーズンを送っているようだ。MIOの編成陣の見る目は確かだな。

 木下選手も、日中は体力仕事をしているようだ。それで夜間の練習はハードだろうに、得点王争いをしていることを考えると、頭が下がるというか、まだまだ潜在能力がありそうというか。インタビューの最後に「このチームでJでプレーしたい」とあった。リップサービスの部分もあるのかもしれないが、本音もあるだろう。ただ、Jチームから声がかかったら当然気持ちは揺らぐと思う。やっぱり仕事をしながらと、サッカーに専念できる環境では大きな差があるだろうし。
 ファンとしてはMIOにいてほしいけど、木下選手のことを考えると上の舞台でやってほしい思いもある。個人昇格することで、MIOの育成ブランドも上がるはずだし、決して悪いことではないはずだ。実際声がかかっているのかどうかはわからないからなんともいえないが。

 今回は得点王争いをしているということで木下選手のインタビューだったのだろうが、ほかの選手もインタビュー記事をバンバン書かれるようになるといいな。内林選手は一度運動面に掲載されていた。個人的には安部選手と若林選手の話を読んでみたい。後は和田監督のサッカー理論のようなものをあますところなく。

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード