次は流通経済大

 前期は4-0で大勝した相手だが、メンバーがころころ代わっているようなので、次にあたるときはがらっと違うサッカーをしてくる可能性もある。大学の出番が限定されがちな選手に経験を積ませるというのは理解できるのだけれど、1軍がきたりこなかったりで戦力が変わりすぎるのはリーグの公平性からみてどうかとも思うので、大学の公式戦とJFLあわせて年間○試合まで出場OK、とかできないもんだろうか。一軍の時にあたるチームと、2軍と対戦するチームの不公平感がなあ。

 結局つぎはどういうメンバーなのかまったくわからないが、勝ち点とりたいところだ。あと3試合で勝ち点5をとれば、年間勝ち点50にのせられる。ひとつの区切りになると思う。流経ふくめ、横河、HONNDAと強力な面子ばかりだが、飛躍した年の最後の試練と思って連勝を狙って欲しいものだ。

 またまた勝手な虎算用だが、得点王争いは、木下選手含め3人に絞られたとみる。さすがに残り3試合で4点差をひっくりけすのは難しいだろうし。で、2位のSAGAWAの中村選手とは2点差。当然中村選手の方が大変なわけだが、なんといってもSAGAWAの爆発力は侮れないし、優勝を決めたら中村選手を得点王にするべくFK、PKなんでもやるかもしれないので、実質あまり差はないようなものかもしれない。印刷も爆発力あるし、木下選手が得点王になるためには、きびしいけど一試合に一点、が最低条件になりそうな気もする。それでも今の木下選手なら不可能ではないだろう。周囲が変なサポートをしなくても、むしろその方がやってくれそうな気がする。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード