VSホンダロック戦

 1-1の引き分け


  木下安里
中浜金 浦島アラン
細貝谷口畑 桝田
    田中

 夏のような日差しで珍しく風もないコンディション。序盤はMIOが主導権を握りかけ、サイド攻撃をしかける。15分過ぎにはCKから流れたボールを待ち受けていた木下選手が蹴りこんで先制する。MIOのペースになりかけるが、ロックはフィジカルの強い守備陣がMIO攻撃陣へのマークを外さす、リズムを作らせない。攻撃もシンプルなロングボールが中心だが、FW陣もフィジカルに長けているため、MIOを少しずつ押し込みはじめ、MIOもロングボールの蹴りあいにお付き合いしてしまう格好になった。30分ごろに、そのロングボールをクリアしに田中剛選手が飛び出し、クリアするも、相手に拾われてシュートされ、細貝選手が触るも失点してしまった。

 後半開始からアラン選手に変えて田中大選手を投入。細かいパスワークを取り戻し、相手を崩しにかかる。スルーパスも出始めるが、ロックの堅守は決定打を許さず、逆にきついプレスから効果的なカウンターを仕掛けてくる。MIOも西畑選手、壽選手を投入。両チームとも攻め合いの終盤となったがそのまま幕切れとなった。

 失点は惜しかったが、相手のミスで助かった場面もあり、引き分けはまあ妥当かなあ、という感じだ。というか、ロックは運動量もフィジカルもいいし何であの順位なのかわからない。佐川印刷をより無骨にしたイメージで、MIOが苦手とするタイプのチームだった。パス回しはよかったのだけど、湖南の芝だったので浮いたり、イレギュラーしてうまくつながらない場面もあった。相手の出足もかなり鋭かったし。ただアラン選手は、うまいことパスをまわせていなかったようにみえた。長崎戦では覚醒したと思ったのだが、まだなれないのかもしれない。田中大選手が入るとさすがにリズムが変わる。見事なヒールパスも拝めたし、後は周りがもう一度あわせることだな。

 ハードな試合だったが、木下選手がきっちり決めてくれたのはよかったな。クロスボールが入ってクリアされたボールへの反応だったと思うけど、あの位置に待ち構えているポジショニングの勝利だったな。体格のいい相手にきびしくチェックされていたが、しっかりポストもこなしていたし、完全に中心選手となったようだ。佐川印刷の選手も得点を挙げたようなので単独首位とはいかなかったが、首位は堅持。優勝はSAGAWA、得点王はMIOと滋賀勢がリーグを席巻した、という一年になりますように。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード