ガリア戦記

PA310012.jpg
 ローマ帝国の始祖ともいえるカエサルのガリア平定記。元老院への報告ということだが、簡潔明瞭にして不足のない文章に脱帽。戦争モノとしてみれば、結構ガリア勢力も頑張っているのだが、白兵戦になると密集戦の経験に優れたローマに分があるような印象だ。カエサルと、別働隊を任された将軍が兵力の損耗を最小限に食いとどめようとする戦略をとり続けるのも好印象。
 敵役になりがちなガリアだが、ヴェルキンゲトリクスなど優れた人材も多い。まさにここをへいていできたからこそ、ローマ帝国の繁栄はあったといえるのかもしれない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード