天皇杯と滋賀勢

 全国各地で天皇杯が開催中だが、わがMIOは関係なし。ザスパが草津つながりで頑張ってくれたのか、SAGAWAも早々に負けてしまったようで、滋賀勢としては昨年に続いてもう一つ存在感を示せないままに終わってしまった。県予選を順当に勝っていれば、とも思うが、その場合は結構なハードスケジュールになっていただろうから、それはそれで大変だっただろう。
 Jを持たず、規模としても小県に属する滋賀としては、高校・大学サッカー、JFLだけでなく、直接Jリーグ勢とあたる天皇杯でも存在感を示したいところだ。現状では、各チームのモチベーションに任されている(当然といえばとうぜんだが)が、上を目指すためには、協会なり県体協としても支援策があってもよいように感じる。出場チームの遠征費用を助成するとか、勝ち上がるごとにちょっとしたボーナスを出すとか、日程や練習会場の確保に配慮するなどいろいろやりようはあるのではないか。

毎年とは言わないが、J1勢とあたるところまでは持って行きたい。そしてたまには相手のモチベーションやコンディションがどうあれ、J1を下すところまで持って行きたい。当該チームの選手だけでなく、「MIOやSAGAWAがやれるなら」と、県内のプレーヤーの自信にもなるはずだ。1回J1を破れば、次戦は相当の強豪、人気チームとあたるだろうから県民の関心も飛躍的にあがるはず。「アントラーズVS SAGAWA」「川崎VS MIO」などという、日頃みている選手とJ強豪の対戦カードが実現するかもしれないと考えるとかなりわくわくする。
実際、滋賀への移籍1年目のSAGAWAはFマリノスから点を奪っているわけだし、不可能ではないはずだ。浦島選手と中村憲剛選手、岩政選手とSAGAWAの中村元選手のマッチアップなど、実現したらさぞ楽しかろう。協会や県体協のお偉いさん方もそう考えると、バックアップのしがいもあるのではないだろうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード