うまくいくとき、いかないとき

 鹿島ー名古屋戦をテレビで観戦していたが、あの憎らしい強さを発揮していた鹿島があのていたらく。メンバーは変わらないのに有効な攻撃はほとんどなし、守備は後手後手、と前期と完全に違うチームになっていた。

 MIOは守備が崩壊していないだけ鹿島よりましなのだが、連勝の時と違うチームになっていることには変わりない。うまくいっているときは何もかもがうまくいく。リードして終盤を迎えなおかつそこで相手陣内深くでFKをとったり、CKを取れたりするのだが、リードされているときは相手陣内深くに侵入して競り合っても相手FKになったり、ゴールキックになってしまう。メンバーも、やろうとしているサッカーも、運動量もそう変化はないのに、内容にははっきりと違いが出てしまう。

 バイオリズムみたいなものはあるのだろうが、選手の意識や采配の変更で不調の期間を短くできるのもチーム力のひとつ、と考えるとMIOはやっぱりまだ中位のチームなのかもしれない。ただ、昨シーズンは3連敗、4連敗がざらだったとことを考えればまだ2連敗。ここで立ち直ることができれば、チームの総合力アップを証明できる。ひとつひとつ、階段を上ってほしい。


 次節は浦島選手が出場停止で、金選手も危ういのかな。浦島選手はCB起用でも昨年よりは大分よかっただけに残念。あのプレーは一点差だったし、仕方ない選択ではあった。うまくいけば賞賛モノだったとおもう。結果は赤紙だったが、今季からでてきた出足のよさは消して欲しくないな。それにしても、若いからだろうが、浦島選手は一年ごとに印象が変わる。入団当初は元磐田の福西選手、昨年はあまりいい印象なしで、今年は元ガンバの稲本選手のイメージがある。まだまだ攻撃面で遠慮している印象もあるが、いい意味で好き放題やってもらって、スケールの大きい選手になってもらいたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード