W杯出場決定

 2-0で6回目のW杯を決めた。

 TV観戦していたが、基本的に前回アウエー対戦と似たような構図だったといえよう。ボールを回す豪州に対し、前から行くところは行き、引くところはしっかり2列のラインを敷いて守る戦術を見事に遂行していた。もちろん相手も豪州なのでピンチはあったが、いずれも偶発的なもので、守備のやり方や組織が破綻していた訳ではない。特にいいな、と感じたのは井手口選手。球際の強さと出足のよさ、粘り強い絡みつきで、長友選手とともに左サイドをよく守り抜いた。乾選手の運動量が落ち、ケーヒル選手が入ってきてからは、左サイドが起点にされていたが耐え抜き、原口選手が投入されると「鉄壁」といってもいいほどになったと感じた。
 右サイドも酒井選手が頑張っていたのに加え、浅野選手の奮闘もたたえたい。初めは右サイドでボールを持っても少し迷い気味だったが、前半の早いうちに一度縦に仕掛けたことで吹っ切れたのか、攻撃では少々のロストがあっても突っ込んでいき、守備でもトラップを狙って襲いかかっていた。一連の動きで豪州の左サイドが明らかに上がれなくなり、右サイドからの攻略を防ぐことに大いに貢献したと思う。

 攻撃では大迫、乾選手とも存分に持ち味を発揮した。大迫選手はさすがの貫禄、豪州クラスのDFでは歯立たないポストぶりで、得点こそないが、貢献度は絶大だった。乾選手も、縦に仕掛けていくドリブルで明らかに嫌がられていた。浅野選手もそうだが、ラインを割っても、縦に強引に仕掛けていくからこそ豪州DFに重圧を与えられたのだろうし、こういう試合では特に重要なプレーだと思う。

 一番瞠目した井手口選手に関しては、Jでは何試合か観たので能力は知っているつもりだったが、この大舞台でこれほどの存在感を放つとは言葉がない。守備はいうまでもないが、攻撃面でも徐々に存在感を出し、後半などはサイドチェンジや浅野選手への絶妙のパスなど攻撃でもゲームを掌握していた。ガンバの遠藤選手が「怪物」と評したそうだが、試合中にまさに「怪物」が目を覚ましていくのを観ているような恐ろしささえ感じた。得点の素晴らしさははいうまでもないが、得点がなかったとしてもその印象は揺らぐものではない。動けて、守備が強くてパスも出せて、点もとれる、しかも21歳でこの大舞台で仕事をやってのける、とんでもない才能だと思うし、中盤の序列の最上位に一気にのし上がるだけの働きだった。

 何だかんだ言われながら、初戦を落としながらも1試合を残しての本大会決定は賞賛されるべき結果だ。しかも内容、メンバーともに変更、底上げしながらなので相当な値打ちものの最終予選だった。相手に合わせてメンバーややり方を柔軟に変えつつ、一定のクオリティーを保つ、という点では代表史上でも相当に画期的な期間だったといえる。
 もちろん、本選になんの保証をもたらすものではないが、少なくとも代表のサッカーの「幅」が大きく広がり、武器になっていきそうなのは間違いない。 
スポンサーサイト
プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード