VSヴィアティン三重

 5-0で12試合ぶり?の勝ち点3

     久保
     坂本
原口       宇佐美
    小山嘉茂
久保田門司馬場稲垣
      永富   
こんな感じでなかろうか

 ここ数試合と同様、序盤から主導権を握る展開に。坂本選手が中央に陣取る時間が増えたことで、独特のタメが生まれ、スリッピーなピッチ状態もあって滑るようにボールが回っていく。裏を取れる回数と精度がよく、稲垣選手、原口選手が相次いで強烈な枠内シュートを飛ばすなど、ここ数試合と同様に好調な立ち上がりをみせる。三重は前線に迫力があり、特にトップの選手は大きくて運動能力に優れるやっかいなタイプで、この選手にボールが入るとなかなか奪えずにシュートまで持っていかれるシーンもあった。特にMIOの攻勢がひと段落して受けに回ると、この選手を中心にゴール前に詰め寄られ、あわや、の場面を作られるが永富選手の好セーブや、門司、馬場選手の果敢な対人守備、小山選手の好タックルなどでしのいだ。
 攻撃は序盤ほどの決定機はないものの、意図のあるパス回しが目立ち、前半を終えた。

 雨脚が強まった後半は、久保選手に変えて堀川選手を投入。坂本選手をうまく中継させるパス回しを繰り出し、5分ごろに左サイドからPAに入ったボールを堀川選手がPA外に戻したところ、右サイドを駆け上がった稲垣選手が低弾道のミドルを直接叩き込んで先制した。悦びも冷めやらぬ8分ごろ、今度は右サイド裏に出たイーブンのボールに坂本選手が粘り強く絡みつき、そのままタッチラインまで持ち上がり、ぎりぎりのところでしっかり中を見て折り返すと、待ち受けていたのは堀川選手。難なく叩き込んで早い時間帯に追加点を挙げた。
 こうなると三重が前に重心を移し気味になり、押し込まれる半面、中盤で奪えばカウンターの機会が増え始める。 25分ごろには中盤の底でインターセプトに成功した小山選手が、空いた広大なスペースをそのまま持ち上がり、PA前で裏に抜ける堀川選手にピッタリのスルーパス。GKと一対一になった堀川選手が冷静に流し込んで3点目。その後もFKから坂本選手があわせて4点目、終了間際には左サイドから出てきたボールに、駆けあがった原口選手が抜け出して5点目を決めた。
 三重も一点でも、という攻撃を仕掛け、ひやりとするシーンもあったが、永富選手の好守、馬場選手の鬼気迫る守備などで完封を果たした。

 やっと、やっとの勝ち点3。選手たちの喜びや充実した表情をみると、試合後のラインダンスでは目頭があつくなった。苦しい時もずっと声援を送り続けておられたサポーターさんたちはそれ以上の思いだったと推察する。特に先制点後の稲垣選手の表情にはぐっとくるものがあった。そして望外の5得点。点を重ねるごとに、攻撃だけでなく、守備面でも選手たちに自信がよみがえっていたように思えた。
 もちろん前半からいい試合だったが、0-0での折り返しだったので「またか」という思いが去来していた。ひょっとしたら選手たちも同じような感じだったかもしれないが、稲垣選手の見事なゴールがすべて吹き飛ばしてくれたように思う。
 もちろん全選手よかったのだが、やはり坂本選手がスタートを中央にしたことで、中央に大きな起点というか、深みが生まれたことが今日の結果につながったのではないか。またこれまでも決して悪くなかった球際の出足が、さらにもう半歩出た印象を受け、これが守備でも踏ん張れた要因、という印象を受けた。終盤には、交代の関係で嘉茂選手が前線に位置し、ボールを受ければ即決定機、ともいえるほどのチャンスを量産してくれたのも頼もしかった。一つのオプションになってくるのでは、と期待している。

 とにかく前期の最後を勝利で飾れて本当によかった。いい形で後期にはいってほしい。少しでも順位を上げて、今日の力を上位チームにも見せつけてほしいし、できると信じている。
スポンサーサイト
プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード