U-15 MIO VS 京都紫光

 IMG_2632.jpg
  クラブユース選手権関西大会1回戦とのこと。
  2-0で勝利。

 トップのアウエーには行けない分、近所でやっていたのでいってみた。

 前半は両チームとも様子見の蹴り合い。時間がたつとともにMIOのほうがボールを保持するが、京都はMIOのトップに付いたCBの選手が素晴らしく、体格の差をものともしない競り合い、出足のよさでMIOボールをことごとく跳ね返していく。また、中盤の底の選手もボールを奪うと長躯して持ち上がる技術に優れ、カウンター気味に何度もMIOを脅かし、あわや、のピンチも。
 ボール保持しながらも、なかなか前に起点を作れないMIOだったが、時間の経過とともに、10番の選手が少し位置取りを下げて一度ボールを触る格好で徐々にリズムを作り出し、左サイドの選手のスキルフルなドリブルなどから崩し始めていったところでシュートも何度か生み出し、前半を終えた。

 後半に入ると、よりMIOの攻撃の精度が高まる。サイドだけでなく、中央からも細かいパス交換で突破を図り、京都を押し込め始める。ただ。、京都もカウンター時には右サイドのスピードとテクニックに優れた選手が何度もラインを突破し怖さを存分に見せつけた。MIOはトップの位置により大柄な選手を投入、好守をみせる京都のCBにぶつける格好にした。この交代が当たった印象で、京都DFライン前で大きくバウンドしたボールを、京都CBがまさかの目測ミス。頭を超えていったボールにMIOが反応し、GKの頭を越すループで先制した。これで京都が前に出てきた分、中盤にスペースができてMIOの攻撃が活性化。両サイドにどんどんパスが供給されれば、中央も空いてくる、という理想の展開で幾度も好機を迎えた。
 それでも、京都も中盤の底の選手をトップ下に上げて猛反撃を見せる。何度もサイド突破を図ってくるが、MIOの両CBの巧みな守備、SBの絶妙な位置取りで事なきをえる。試合終了間際に前に出てきた相手の裏を突いて中央突破、PA右寄りへ抜け出したFWが豪快かつ美しい弾道をゴール左で突き刺し、試合を決めた。

 中学生の試合なのでもちろんミスはあるが、それでも両チームともさすがにみんなレベルが高いな、と感じた。MIOの側でいうと、GKは落ち着き合って位置取りがいいし、両CBは体の使い方がいいな、と思った。右SBは目立たないながらもしっかり守備をしていたし、左SBは小柄ながら抜群の位置取りと確かな技術で攻守に貢献していた。左Wはスピードあるドリブルが効いていたし、ボランチの選手は展開力と狭いところで受けて違いをつくる動きがよかった。右Wは幾度も相手の裏を突く動きで頑張っていた。最初のトップの選手は相手CBに苦労していたが、交代で一列下がると、大柄なわりに細かいドリブルで幾度も好機を生み出していたし、交代で入ってきたトップの選手に関してはいうまでもない決定力だった。
 相手側もCB(たった1回のミスが失点になってしまって、MIOを応援している自分でさえ複雑になるくらい素晴らしい守備だった)、ボランチ、右Wをはじめ、いい選手ばかりだった。両チームの選手とも、さらに伸びて活躍してほしいな、と思える試合だった。
スポンサーサイト
プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード